ミノアップの使い方や副作用を調査!使用感の口コミも紹介

壮年性脱毛症は、20代から始まり進行性[1]のため、早期に治療を始めることが大切です。日本で唯一発毛効果が認められているミノキシジルは、長年リアップが独占してきました。ただ価格が1ヵ月7000円以上、長期間に使用するにはその金銭的な負担は大きく、なかなか若い方には手が出せなかったというのが本音でしょう。リアップの特許期間が終わり、ジェネリック製品が次々と登場しました。ミノアップもそのひとつ。しかもジェネリック薬品では有名な東和薬品の製品です。効果はリアップと同等で安価とあれば使用したいものです。今回は、ミノアップについて詳しく紹介していきます。

ミノアップはリアップのジェネリック製品

壮年性脱毛症治療薬と言えば「リアップ」という時代は終わりました。リアップはミノキシジル配合外用薬として、その効果と安全性について、大正製薬が臨床研究を行った先発品です。その特許期間の終了に伴い、リアップと同じ有効成分で、効果と品質、安全性が同等と認められたジェネリック製品が多くの製薬メーカーから発売されています。

その中でも、ミノアップはジェネリック専業医薬品メーカーである(株)東和薬品の製品です。東和薬品が手掛けるジェネリック製品は、原薬から調達され、先発品と同等の有効性と安全性には定評があり、さらに使いやすさなどの工夫がこらされています[2]

その他のジェネリック製品については、「リアップのジェネリックって本当?ミノキシジルジェネリックの価格や特徴を解説」で詳しく紹介しています。

ミノアップはリアップと同じ有効成分ミノキシジル5%配合

ミノアップは、リアップのジェネリック製品ですので、その有効成分はリアップと同じミノキシジル5%が配合されています

ミノアップの効果

ミノアップは、壮年性脱毛症の方の発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防に効果が期待できます。5%ミノキシジルの外用は、日本のみならず世界中で臨床試験が行われ、その効果が認められており、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でも、使用が強くすすめられ、お墨付きをいただいています。[3]

ここで注意が必要なのは、脱毛や薄毛の原因が「壮年性脱毛症」以外の場合には、効果が期待できないということです。壮年性脱毛症は、男性ホルモンの影響でヘアサイクルのうちの成長期が短くなり、休止期が長くなることで、前頭部や頭頂部の毛髪が軟毛化して細く短くなり、発毛が見られなくなる進行性の脱毛症です。また遺伝もかかわっているので、家族に薄毛の方がいる場合も目安になります。

ここで、ミノアップと同じミノキシジル5%配合のリアップX5のデータを紹介しましょう。50人の壮年性脱毛症の方にリアップX5を1日2回、52週間使用してもらい、4週間ごとにその効果について「非常に良くなった」「良くなった」「少し良くなった」「変わらなかった」「悪くなった」の 5段階で評価してもらいました。使用から12週間後には、ご自分の毛髪の状態が「少し良くなった」までを含めると、4割以上の方が発毛効果を実感し、 52週後の使用終了時では9割以上の方が発毛効果を実感したと報告されています。現在発売中のリアップX5プラスネオは、このデータのリアップX5と同等であることが確認されています。ミノアップでも、同様の効果が期待できると考えてよいでしょう。[4]

リアップの効果については、「リアップで効果を感じやすいのはどんな人?リアップを上手に活用するポイント」で詳しく紹介しています。

ミノアップとリアップのサポート成分の違い

ミノアップとリアップX5プラスネオに配合されている成分についてみていきましょう。下表をご参照ください。

ミノアップの成分

ミノアップは、5%ミノキシジルのほかにミノキシジルの発毛育毛効果をサポートする成分は含まれていません。添加物のエタノールは、ミノキシジルを液体にするため、1,3-ブチレングリコール、プロピレングリコールは粘度を高めて頭皮に浸透させるため、PH調節剤は塗布した時の刺激を和らげるために添加されています。香料も配合されていないので、塗布したことを気づかれることもないでしょう。

リアップX5プラスネオの成分

リアップX5プラスネオには、ミノキシジルのほかにミノキシジルの発毛育毛効果をサポートする6種類の成分が配合されているのが特徴です。これは現在ミノキシジル配合製品の中でもっとも多いです。サポート成分は頭皮の血行を促進して皮脂分泌を抑え、炎症やかゆみ、ふけなどを抑える働きが期待できます。その他、ミノアップと同様、添加物が配合されています。

ミノアップとリアップX5プラスネオの成分の比較

ミノアップ リアップX5プラスネオ
主成分 5%ミノキシジル 5%ミノキシジル
添加物 エタノール
1,3-ブチレングリコール
プロピレングリコール
PH調整剤
エタノール
1,3-ブチレングリコール
ジブチルヒドロキシトルエン
リン酸
L-アルギニン
グリシン
サポート成分と期待される効果 ピリドキシン塩酸塩(頭皮の過剰な皮脂を抑える)
トコフェロール酢酸エステル(血行促進)
ℓ-メントール(清涼感)
ジフェンヒドラミン塩酸塩(かゆみを抑える)
グリチルレチン酸(炎症を抑える)
ヒノキチオール(常在菌のバランスを整える)

関連記事:リアップX5プラスローション(リアップX5プラスネオ)とは? 気になる効果や使い方をご紹介

ミノアップとリアップの価格の違いは?リアップよりも安い?

ジェネリック製品は、基本的に先発品より安いというのが一つの売り文句です。ところが、ミノアップの発売当初の小売り希望価格は7,048円(税別)[5]、リアップX5プラスネオと全く同じです。しかし、実売価格はというと、リーズナブルな価格で買うことができるようです。

楽天市場やヤフーショッピングなどインターネットのショッピングモールを利用すると、その時の最安値や送料、ポイントなどの比較ができるので利用すると良いでしょう。例えば、2020年10月、ヤフーショッピングモールでは、ミノアップ1本60mLが、送料無料、3,477円(税込み)のサイトがあります。また、複数本のおまとめセットの場合、さらに割安になるようです。参考までに、リアップX5プラスネオの場合、楽天のショップの最安値は、送料無料で6,949円(税込み)でした。

ミノアップによる副作用は?

ミノアップの副作用は、5%ミノキシジル配合のリアップの発売前の調査に基づきます。主に使用部位の皮膚症状です。頭皮に発疹や赤くなる症状が出たり、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感などを感じる方がいるようです。発疹や発赤などは、使用部位以外にも出ることがあるので注意が必要です。

そのほか、ごくわずかですが頭皮から吸収されたミノキシジルによって、全身症状が現れることがあるようです。めまい、気が遠くなる、頭痛、心拍が速くなる、胸の痛み、手足のむくみ、原因のわからない急激な体重増加などです。普段と違う体調の変化に気を付けるようにしましょう。

リアップは市販後[6]にも、多くの方が使用した場合の副作用情報が集められ、その安全性について報告されています。その調査では、20~70歳代の3,072例中271例、約9%の方に何らかの副作用があらわれたと報告されています。これは市販前の調査とほとんど変わりあいりません。その主な症状としては、頭皮のかゆみや発疹が約6%、ふけや接触性皮膚炎が約2%でした。副作用発現率は、年齢が上がるほど発現率は高くなり、また持病をお持ちの方や服用している薬のある方、アレルギーのある方などで高くなることが分かりました。

リアップの副作用については、「リアップを使う前に知っておくべき副作用」で詳しく紹介しています。

ミノアップの使い方・塗布方法

具体的なミノアップの使い方や塗布方法、塗布の際の注意する点など説明します。

ミノアップの使用方法

ミノキシジル5%配合の製品は、1回1mLが測れる容器に入っています。ミノアップも同様ですが、使用方法は次の通りです。

  1. ボトルのキャップを真上にはずし、回転部を矢印の方向に回して突起を「●はかる」マークに合わせる。
  2. ボトルを逆さにすると、先端部に1mLの薬液がたまる。
  3. 薬液がたまったら、ボトルを真下に向けたまま回転部を矢印の方向に回して、突起を「●ぬる」マークに合わせる。
  4. ボトルの先端を頭皮に垂直に軽く押し当てると薬液が出るので、薄い部分に薬液が出なくなるまで、トントンと塗る。
  5. 塗り終わったら先端をティッシュなどで拭き、「ぬる」マークのままキャップを閉める。

ミノキシジル製品は各社、ボトルの先端部分に特徴があります。ミノアップは手動で液をためる方式で、先端は比較的細く、頭皮に塗りやすい形状が特徴です

塗布するタイミング

1日2回、頭皮に塗布します。塗布前に必ずシャンプーする必要はありませんが、清潔な状態で塗布することをおすすめします。シャンプー後は髪の毛や頭皮が乾いてから塗布するようにしましょう。また、整髪料をお使いの方は、ミノアップを塗布後、頭皮が乾いてから使用するようにしてください。

使用上の注意

1日2回以上や1回1mL以上使用しても、効果が上がらないばかりでなく、副作用が起こる可能性が高くなります。用法用量を守って使用することが大切です。また、人により効果が出るまでの期間は異なりますが、少なくとも4ヵ月間は毎日使用してください。

ミノアップが目に入らないように注意してください。もし入った場合にはすぐに洗い流し、症状が強い場合には眼科を受診してください。また、ミノアップがついた手で目や鼻などの粘膜に触れると刺激があります。塗布後すぐに手を洗うようにしましょう。

ミノアップの購入方法

ミノアップは、全国の薬局・薬店、ドラッグストアや、ネット通販を利用して買うことができます。ただし、第1類医薬品のため、購入の際には条件があります。それぞれの購入方法についてみていきましょう。

薬剤師のいる薬局で購入する

第1類医薬品であるミノアップは、薬剤師を通してしか購入することができません。薬剤師がいるお店でも、買う時に不在であれば購入することができません。予め確認することが大切です。
薬剤師にミノアップを購入したいと申し出ると、次のことを確認されます。

  • 使用者の年齢
  • 壮年性脱毛症であるか
  • 使用経験、前回の使用時の状態
  • 持病、併用薬の有無
  • 副作用やアレルギー歴などです。

次に、薬剤師からミノアップの用法・用量、使用上の注意、副作用などの症状が現れた時の対処について説明を受けます。
この時に、分からないことや不安なことがあれば、聞いておくと良いでしょう。

ネットショップ通販で購入する

ネットショップの通販で購入する場合にも、薬剤師との対面ではないということを除いて、確認事項や説明を受ける内容は同じです。

各サイトによって方法は異なりますが、「買い物かごに入れる」購入申し込みの次の画面で、実店舗と同様の確認事項について記入もしくは選択肢を選んでいきます。購入申し込みを送信すると、薬剤師からメールや電話などで連絡があり、説明を受けることになります。すべて理解したことが確認されて初めて購入手続きとなります

購入時の注意

実店舗でもネット通販でも、最初は1本買いましょう。使用感や副作用などを確かめてからまとめ買いするようにしましょう。
ミノアップは継続して使用する必要があります。在庫の確認や薬剤師の不在、ネット通販では薬剤師とのやり取りに時間を要することもあります。いずれにしても余裕をもって購入するようにしましょう。

発毛剤の詳しく購入方法については、リアップを例に「リアップはどこで買える?薬局とネットショップ通販での買い方を解説」で紹介しています。

ミノアップの評価は?良い口コミ・悪い口コミをそれぞれ紹介

ネット通販で商品を購入する際、口コミはとても役に立ちますが、第1類医薬品は購入サイトでの効果に関する口コミは禁止されています。ここでは、発毛剤について調査しているブログから使用感や比較記事を紹介します。

ミノアップを使った人の良い口コミ

ミノアップは、計るための操作(回転)と、塗布するための操作(回転)が必要ですが、何日か使っていると、この操作はさほど手間には感じなくなります。

『ミノアップ』を詳しく見ていくと、リアップX5のジェネリック医薬品でもあるため、効果効能などは『リアップX5』や『スカルプD メディカルミノキ5』、『リグロ®EX5』と変わらないことが分かりました。

ミノアップを使った人の悪い口コミ

ミノアップは薬液の出る量が少ないです。1回分の塗布量1mLを塗布しおわるまでにリアップの何倍も時間がかかります。

プロピレングリコールは育毛剤を使う人にとって致命的な頭皮の炎症の原因となるので、プロピレングリコールを含むミノキシジル製品は選ばない!現時点で販売されているものは「スカルプD メディカルミノキ5」もしくは「リアップ×5シリーズ」の2種類のみ。

ミノアップまとめ

壮年性脱毛症の治療に対して、5%ミノキシジル外用薬の効果はリアップで認められている通り、ミノアップも発毛・育毛効果が期待できます。一方、長期の使用が必要なため、続けるにはやはり金銭的負担の占める割合は大きいですね。ミノアップは、5%ミノキシジル製品の中でも低価格帯の製品ですので、気軽に続けられる製品と言えます。気長に使って、薄毛の悩みから解放されましょう。

[1]男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
[2]ジェネリック医薬品とは?❘東和薬品
[3]男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
[4]リアップX5プラスネオの発毛効果データ
[5]プレスリリース❘東和薬品
[6]再審査報告書❘医薬品医療機器総合機構