リアップは育毛剤と併用できる?

リアップを使用する方の中には、早く効果を実感したい、より効果を高める方法は見つけたいと考えている方も多いと思います。
育毛をサポートしてくれる商品として、飲み薬や塗布するタイプの育毛剤が存在します。
そこでリアップだけではなく、育毛剤と併用してみたら効果が倍増するのではないだろうか?もっと結果が早く出るのではないだろうか?そんな思いがよぎる日もあるのではないでしょうか。
ここでは、リアップと飲み薬の併用は可能なのか、塗布するタイプの育毛剤との併用か可能なのか、併用時の注意点とともにご紹介していきます。

リアップとほかの育毛剤を併用することは可能 ?

公式見解として、リアップを飲み薬や塗布するタイプの育毛剤と併用することは認められていません。
ただし、実際の生活の中では、個人個人の判断でより高い効果を期待し、併用している例はあるようです。
現在の医師の診察の上、外用薬であるミノキシジルと内服治療薬であるフィナステリドなどの併用が行われることもありますが、同時に根拠のない情報があふれています。
ですからリアップと育毛剤を併用したい場合は、その旨を医師に伝え、適切な指示をもらうことが大切です。
また、リアップと市販されている塗布タイプの育毛剤との併用は副作用が強まる可能性もあるため、副作用を少しでも感じたり、不安が募ったりする場合には、早めに医師に相談することが必要といえるでしょう。

リアップと飲み薬を併用することは可能?

日本が認可しているAGA(男性脱毛症)治療薬として、プロペシアとザガーロがあげられます。
これらに含まれる有効成分を紹介するとともに、リアップとの併用はできるのか確認していきましょう。

フィナステリド(プロペシア )

AGA(男性型脱毛症)でお悩みの方は、一度は聞いたことのあるのではないでしょうか。
日本で初めてAGA治療薬として承認されたことでも有名なプロペシアは果たしてリアップとの併用は可能なのでしょうか。
ここでは、AGA治療薬のプロペシアの有効成分である「フィナステリド」の特徴とともにリアップとの併用を考えていきます。

フィナステリドとは

AGA治療薬として有名なプロペシアの有効成分として知られる「フィナステリド」。
米国の製薬会社が開発し、日本では2005年に承認された処方箋医薬品です。
購入方法は、皮膚科やAGA治療専門のクリニックで医師の診察を受け、処方してもらうことが基本となります。
個人利用であれば、海外から個人輸入することも可能です。
フィナステリドを含むプロペシアは、男性ホルモン(アンドロゲン)の働きを抑制する薬です。
髪の毛の成長を妨げる原因にもなりうる男性ホルモンの働きを抑えることで、育毛効果が期待されます。
内服薬をはじめ、外用薬としての効果も確認されているため、フィナステリドを含む育毛剤や育毛シャンプーなども販売されています。
副作用としては、性欲減退、勃起機能障害、肝機能障害などがあげられています。
また、男性胎児の生殖器官の発育に影響を及ぼす可能性もあるため、妊娠の可能性がある方や妊婦、授乳中の方は服用できません(基本的に女性の服用は認められていない)。
さらに、20歳未満の方への安全性や有効性は確立されていないため、未成年へ処方することができません。

2.1.2リアップと併用できる ?
フィナステリドを含むプロペシアの処方を行うのは医師であるため、受診時にリアップを併用する希望がある場合には必ず医師に相談するようにしましょう。
公式見解としてリアップとの併用は認められていないため、医師の判断が必要であるといえます。
また、一医師からの意見として、男性ホルモンを抑制するフィナステリドと血流を促進して髪の毛を育てるミノキシジルが配合されているリアップでは、育毛のメカニズムがそれぞれ違い、過去の研究結果では併用して使用されている例も報告されているため問題はないのではといった見解もあります。

デュタステリド(ザガーロ )

前述したプロペシアは、日本では2005年に承認されたAGA治療薬であるのに対し、デュタステリドを有効成分にもつザガーロは2015年に日本で2番目に承認された新しいAGA治療薬です。
ここでは「デュタステリド」の特徴やリアップとの併用についても確認していきましょう。

デュタステリドとは

ザガーロは、英国で開発された薬であり、日本では処方箋医薬品です。
購入方法は、皮膚科やAGA治療専門のクリニックで医師の診察を受け処方してもらうことが基本となります。
個人利用であれば、海外から海外製のデュタステリドを含む医薬品を個人輸入することも可能です。
デュタステリドを有効成分とし、プロペシアと同じく、男性ホルモンを抑制して育毛をサポートする効果が期待されています。
主な働きはプロペシアと変わりませんが、違いとしては、作用する対象が多いことです。
それにより、AGAの進行を遅らせるだけでなく、発毛や増毛といった点も期待できるといわれています。
副作用はプロペシアとほぼ同様で、女性や20歳未満への使用を禁忌とする点も同様です。
注意点の特徴としては、デュタステリドは皮膚からも吸収されるため、保管の際も女性や子供が薬を触れないようにしてください。
カプセルの薬ではあり、中の薬剤を触れる機会は少なくなっていますが、添付文書においても『女性や小児はカプセルから漏れた薬剤に触れないこと。
漏れた薬剤に触れた場合には、直ちに石鹸と水で洗うこと』という注意事項が書かれています。

2.2.2リアップと併用できる?
医師からデュタステリドを含むザガーロの処方をうける際、リアップを併用する希望がある場合には必ず医師に相談するようにしましょう。
公式見解としてリアップとの併用は認められていないため、医師の判断が必要であるといえます。

飲むミノキシジル

リアップの有効成分であるミノキシジルを含む内服薬です。
ミノキシジルには血管を拡げて血圧を下げる効果があり、血圧を下げるための薬として開発されました。
そのとき、副作用のひとつとして多毛が現れてきたことから、発毛の効果が認められてきました。
ここでは、ミノキシジルの内服薬とリアップとの併用についてご説明します。

ミノキシジルの内服薬がある?

発毛効果が認められるミノキシジルですが、日本で許可されているのは外用薬のみです。
海外では内服薬であるミノキシジルタブレットが使用されている国もありますが、日本では製造・販売自体が禁止されています。
もちろん、血圧を下げる薬としても使用されていません。
その理由は、重篤な副作用が指摘されているからです。
血圧低下やふらつき、めまいといった副作用をはじめ、重篤なものとしては、心臓が動きにくくなる心タンポナーデや心筋に障害が生じる可能性もあります。
副作用の危険性から医療用の医薬品としても認可されていないことを認識しておきましょう。

リアップと併用できる?

ミノキシジルタブレットは日本では認可されていない薬であるため、公式見解はありません。
認可されていない以上、リアップとの併用も想定していないといえるでしょう。
また、ミノキシジルタブレットは、他の血管を拡張させる内服薬との併用を禁止しています。
内服薬と外用薬といった違いはあれども、血管拡張作用のあるミノキシジルを含む内服薬と同成分を含む外用薬リアップの併用は、副作用を強める可能性もあるため、禁忌である可能性があります。
必ず、皮膚科やAGA治療専門クリニック、循環器科の医師に相談するようにしましょう。

リアップと塗布するタイプの育毛剤との併用は可能?

塗布するタイプ育毛剤は飲み薬と違い、病院などへ受診することなく購入できるため、比較的併用しやすい状況にあるかと思います。
リスクなどの相談もできないため、口コミ、口コミ…で広がってしまい正しい情報が分からなくなってしまうこともしばしば。
ここでは、リアップとほかの塗布するタイプの育毛剤との併用を確認していきましょう。

リアップと塗布するタイプの育毛剤との併用はNG そのリスクは ?

リアップに添付されている説明書においても、使用上の注意点として『本剤を使用する場合は、他の育毛剤及び外用剤(軟膏、液剤等)の頭皮への使用は、さけてください。
また、これらを使用する場合は本剤の使用を中止してください。
これらの薬剤は本剤の吸収に影響を及ぼす可能性があります』と記載されています。
リアップに含まれるミノキシジルには、血管を拡張させる作用があります。
ほかの育毛剤などを使用することで、リアップの吸収に影響が出てしまうと、副作用が強く出てしまう危険性もあります。

どうしても併用したい時はどうする?

ミノキシジルを有効成分とするリアップを購入する際に、薬局の薬剤師に相談することをおすすめします。
リアップは第1類医薬品であるため、薬局で薬剤師の説明を受けてから購入するか、ネットで薬剤師による適正使用の確認後、購入するという2つの方法があります。
併用を希望する場合には、薬局に出向き、薬剤師にほかの外用薬を併用したい旨を伝え、アドバイスをうけるようにしましょう。

安易に併用すると副作用が強まる恐れも!不安な時は医師に相談を

リアップを使用する上での注意事項として、ほかの育毛剤との併用を禁止しています。
「もっと効果を高めたい」「口コミでは○○との併用は良いようだ」など、使用に際し、さまざまな情報が飛び込んでくるかも知れません。
安易に併用することで副作用が強まる恐れもあります。
体質によっても副作用の出現のしかたは変わるため、不安がある時は医師に相談をするようにしましょう。