効果が期待できるのはどっち? 発毛剤と育毛剤を徹底比較

薄毛対策を考えて店頭を見ると、そこにはたくさんの商品が陳列されています。
気軽に手に取ることができる育毛トニックもあれば、医薬品として陳列されている敷居の高いものもあります。
そのたくさんの商品の中から、自分にあったものを探し出すのは、とても大変なことです。
そこで今回は、薄毛対策のための商品を「発毛剤」と「育毛剤」にわけ、それぞれの特徴と効果についてご紹介します。
どちらにもメリット・デメリットはありますので、薄毛を改善するためにはどちらを選ぶべきなのか、自分に合った商品を探す参考にしてみてください。

薄毛を改善するためには、発毛剤と育毛剤どっち?

発毛剤も育毛剤も、どちらも薄毛対策を目的に販売されている商品です。
どちらを使用したとしても、何もしていない状態と比べれば薄毛対策になるでしょう。
どちらが自分にとって最適なのかは、目的によって異なります。
頭皮の健康を保ち、今ある髪を守っていければ良いのであれば、副作用が少なく穏やかな効果の育毛剤がベスト。
対して、現状よりも髪を増やしていきたいのであれば、効果が認められている発毛剤を使用するのがベストになります。
細かく商品を見ていくと、配合されている成分が異なっていたり、使用方法が異なっていたり、些細な違いはあります。
ですが、その些細な違いを考える前に、まずは発毛剤と育毛剤の特徴の違いについてしっかりと把握していくことが大切です。

国が効果を認めている発毛剤

発毛剤に分類される商品は、国が認めている発毛効果が魅力です。
しかし、高い効果が期待できる反面、注意事項も存在します。
特徴や注意点を把握しながら、メリット・デメリットを理解していきましょう。

主成分はミノキシジル

ミノキシジルは、発毛効果が認められた唯一の成分であるため、「発毛剤」と明記されている商品には、必ず主成分として「ミノキシジル」が含まれています。
それに加えて、清涼剤やビタミン剤など、頭皮の状態を健やかに保つ成分が配合された商品も販売されています。

第1類医薬品のため薬剤師の情報提供や指導が必要

ミノキシジルが含まれる発毛剤は、すべて第1類医薬品に分類されます。
第1類医薬品には、安全に使用するために特に注意を要するものであって、使用できる人に制限がある医薬品や、注意するべき副作用がある医薬品が分類されています。
販売できるのは薬剤師に限られていて、書面による情報提供を受けなければ購入することができません。
また、通常は販売店スタッフでなければ触れられない場所に陳列されているため、購入の際には販売店スタッフに申し出る必要があります。

発毛剤に期待できる効果とは

発毛剤は一般用医薬品として販売されているものですから、その効果がしっかりと明記されています。
発毛剤を使用した時に期待できる効果について確認していきましょう。

壮年性脱毛症における発毛

壮年性脱毛症とは、思春期を終えて青年期から壮年期にかけて脱毛が進行する脱毛症を指します。
壮年性脱毛症は前頭部、頭頂部を中心に左右対称に薄毛になっていくのを特徴とした脱毛症で、男性ホルモンの影響によるものといわれています。
ミノキシジルがどのように効果を発揮しているのかは正確には判明していませんが、発毛のもとになる毛乳頭細胞を活性化して、発毛効果を発揮しているといわれています。

育毛及び脱毛の進行予防

ミノキシジルの効果として、血管を拡張して血流を改善する効果が確認されています。
また、毛髪の細胞を直接刺激して成長を促す効果も確認されており、これらが合わさって毛髪の健やかな成長を支え、脱毛を予防していると考えられます。

効果が出るまでには数か月かかる

発毛効果が認められている発毛剤ですが、どうしても効果が出るまでには時間が必要になります。
髪には、発毛してから大きく育っていき、脱毛していくサイクル(ヘアサイクル)が存在します。
そのサイクルは数年単位で推移するため、発毛するまでに数か月、さらにそこから成長していく段階でも数か月の期間を考えなければいけません。

発毛剤のメリット

発毛剤のメリットとは、国が認可した発毛効果を持っていることに尽きます。
薄毛対策をするための商品として、これ以上のメリットはないでしょう。

唯一の「発毛」が期待できる薬剤

発毛剤に配合されているミノキシジルは、唯一の「発毛」が期待できる薬剤です。男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインでも、ミノキシジルの使用はもっとも効果的なものとして位置付けられています。

発毛剤のデメリット

確かな効果を発揮している裏側には、無視してはいけないデメリットも存在します。
医薬品であるため、副作用の可能性は否定できませんし、使用した人すべてで確実に効果が出るわけでもありません。
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

かゆみや胸の痛みなどの副作用が報告されている

発毛剤のデメリットは、主成分であるミノキシジルに由来するものです。
薬物を塗布しているわけですから、使用した部位でアレルギー反応が起きる可能性があり、痒みを生じることがあるという報告があります。
また、ミノキシジルはもともと高血圧を治療する目的で合成された成分であるため血管を拡張する作用があり、胸の痛みを引き起こす可能性があります。

全員に効果があるわけではない

使用したからといって、その全員に効果があるわけではないのも、デメリットといえるでしょう。
効果を確かめるための試験では、1%製剤を使用した人のうち約70%に発毛効果が認められたという検証結果が存在します。

おすすめなのは、とにかく毛を生やしたい人

発毛剤の使用がおすすめなのは、新たに髪を生やしたい人です。
髪は十分にあるけど、今後のためにケアしていきたいという人には、安全性の面からもおすすめできません。

脱毛を予防する育毛剤

育毛剤の効果は、頭皮を健康に保ち、脱毛を予防することです。
効果は穏やかですが、安全性に優れているのが特徴だと言えるでしょう。
定められた成分などはないため、さまざまな商品が販売されています。
育毛剤について詳しく見ていきましょう。

主成分はさまざまで、主に血行促進や頭皮を清潔に保つ成分が含まれている

育毛剤には、定められた成分や配合などはありません。
そのため、メーカーはそれぞれ工夫を凝らした商品を販売しています。
使い方や使用感が異なり、清涼感の強弱など、自分の好みに合ったものを探すことができるでしょう。
主な効果は頭皮の血行を健やかに保ち、毛髪をしなやかに保つものです。
発毛効果については、残念ながら認められていません。

医薬部外品のため薬剤師がいなくても購入できる

育毛剤は医薬品部外品に分類されるもののため、資格がなくても販売することができます。
そのため、購入する時には薬剤師による情報提供などの煩雑な手続きを踏む必要がありません。

期待できる効果とは?

育毛剤に期待できる効果は、頭皮を健やかに保ち、今ある髪の毛を守るというものです。
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

脱毛の進行予防

脱毛が進行している時と言うのは、ヘアサイクルが乱れて、髪の毛が十分に成長しないままに抜け落ちている状態です。
これにはさまざまな原因があるとされていますが、頭皮を清潔に保ち、血行を維持することで脱毛を予防する効果が期待できます。

今ある毛を太くする

ヘアサイクルが乱れていると、髪の毛が十分に成長できずに細いままとなってしまいます。
頭皮の血流を健やかに保ち、栄養成分を補充していくことによって、髪の毛に栄養が行き渡って太く成長させることができるとされています。

育毛剤のメリット

育毛剤のメリットは、その安全性と価格帯です。
発毛剤は全体的に高額であり、購入するのに煩雑な手続きが必要となります。
対して育毛剤は広い価格帯を持っているため、購入しやすい商品も多く販売されています

副作用がなく比較的安全に使用できる

育毛剤には、発毛剤のような副作用の記載がありません。
発毛剤よりも比較的安全に使用できるため、購入する際にも厳しい制限がないのは、育毛剤のメリットとなります。
ただし、どんなものでも人間の皮膚はアレルギー症状を起こす可能性はあるため、痒みなどには注意しなければいけません。

育毛剤のデメリット

簡単に購入でき、安全性が高い育毛剤にも、デメリットは存在します。
育毛剤のデメリットについても確認しておきましょう。

発毛は期待できず、あくまでも予防

気軽に使いやすい育毛剤ですが、安全性が高い代償として効果も穏やかになっています。
発毛効果は期待できず、あくまでも脱毛を予防する程度しか期待できません。

種類が無数にあって選びづらい

育毛剤には、定められた成分・組み合わせはありません。
そのため、数多くの成分をさまざまな組み合わせで配合して商品化されており、数え切れないほど多くの種類が販売されています。
使い方や使用感もそれぞれ異なる為、自分にとって最適な商品にたどり着くことが非常に困難となっています。

おすすめなのは、コンディションを整えて脱毛を予防したい人

育毛剤の使用がおすすめなのは、頭皮のコンディションを整えて今ある髪を守り、脱毛を予防したい人です。
脱毛が気になり始めた時、初めに手に取る商品として考えましょう。
すでに脱毛が進行していて、発毛まで期待したい人にはおすすめできません。

発毛効果まで認められているのは発毛剤! 用法用量を守り正しく使用を。

国が認めている発毛までの効果があるものは発毛剤です。発毛効果が認められたミノキシジルが配合されており、薄毛の改善が期待できるでしょう。
育毛剤では脱毛の予防にはなっても、発毛までは期待ができません。
安全性が高い反面、効果も穏やかであるため、薄毛を改善することは困難です。
発毛剤を使用する時には、効果を最大限に引き出し、なおかつ安全に使用するため、用法用量を守って正しく使用していきましょう。