リアップは医療費控除の対象?セルフメディケーション税制やスイッチOTC医薬品についても解説

2017年からスタートした、医療費控除の特例制度「セルフメディケーション税制」!「ドラッグストアで買う医薬品でも医療費控除になるの?!」と、これまでなかなか利用することがなかった医療費控除を使えるかもと感じた方も多くいらっしゃるかと思います。
従来は病院などで支払う医療費が年間で10万円以上かかった場合、医療費控除の対象となってきました。
今回、身近な医薬品が対象となることで「これは…第1類医薬品のリアップも対象になるのか?」と思われた方も多いことでしょう。
ここでは、リアップは医療費控除の対象になるのか、また、今さら聞きづらいセルフメディケーション税制やスイッチOTC医薬品について、より分かりやすくお伝えします。

リアップは医療費控除の対象外

定期的にリアップを購入している方にとって、リアップが医療費控除の対象になるのかどうかは非常に気になるところ。
答えをいうと、NOです。医療費控除の対象にはなりません。そもそも、2017年から始まった医療費控除の特例制度には、条件がさまざまあります。
第1類医薬品なのにどうして…と思うかも知れませんが、重要なのは、セルフメディケーション税制対象医薬品であるかどうかです。
大正製薬から発売されているリアップシリーズはすべて対象ではないのです。
どうして対象ではないのか、ぜひこの後に続く「セルフメディケーション税制」「スイッチOTC医薬品」についての項目を読み進めてみてください。

セルフメディケーション税制について

セルフメディケーション税制は、2017年1月1日から2021年12月31日までの期間を対象とする医療費控除の特例制度です。
適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進めるとともに、健康の維持増進および病気の予防への取組みとして、この制度が生まれました。
つまり、医師から処方される医薬品ではなく、軽度の体調不良のうちに市販される医薬品を使用することで、セルフメディケーションを推進し、その費用を医療費控除に含んでいこうという趣旨のものです。
具体的には、対象となる医薬品の年間購入額が、1世帯の合計で1万2000円を超えた場合にセルフメディケーション税制の利用が可能になります。控除される金額の上限は8万8000円です。

対象となる医薬品

リアップは対象の医薬品ではないと伝えたように、市販されるすべての医薬品が対象になるわけではありません。
セルフメディケーション税制の対象となる医薬品は、特定成分を含んだスイッチOTC医薬品となります。
2020年2月20日現在では、医師が処方する医療用医薬品でも使われている83成分を含むおよそ1600品目がその対象となっています。
ドラッグストアなどで購入する際の目印として、対象となる医薬品の箱には「セルフメディケーション/税/控除/対象」という言葉がマークとして記載されています。
購入される際は、パッケージを確認し、そのマークを見つけるようにしてください。また、マークがついていなくても対象となる医薬品である可能性があります。
それは、頻繁に対象となる医薬品は更新され、追加になるもの、削除されるものがあるからです。最新の情報は、厚生労働省のHP上に掲載されている「セルフメディケーション税制対象医薬品 品目一覧」をご覧ください。

対象となる人

対象となる人にも条件があります。まずは、所得税や住民税を納めていることです。
また、セルフメディケーション税制の重要な目的でもある「健康の維持増進および病気の予防への取組み」をおこなっている人であるかという点がチェック項目に含まれています。
なので、申告する期間の間に健診などを受けていることが条件に含まれます。具体的には、特定健康診査、定期健康診断、健康診査やガン検診、そして、予防接種のいずれかを受けている必要があります。
なお、確定申告の際に、健診などの領収書や結果通知書を提出する必要があるため、大事に手元で保管するようにしましょう。
前提となる、1世帯で合計したスイッチOTC医薬品購入額が1万2000円以上であること、それを証明する領収書やレシートがあり、確定申告をおこなうことも必須となります。

医療費控除とセルフメディケーション税制は選択制

ここで注意が必要なのが、通常の医療費控除との併用はできないということです。
これは、セルフメディケーション税制が医療費控除の一部の制度であるため、両方を利用するということができないのです。
つまり、病院などに支払った自己負担医療費が10万円を超え、セルフメディケーション税制も利用できる対象条件に当てはまった場合、通常の医療費控除を受けるのか、セルフメディケーション税制の適用を受けるのかを選択しなければいけません。
どちらがご家庭にとってプラスになるのか確認をし、確定申告するようにしましょう。

スイッチOTC医薬品について

スイッチOTC医薬品を解説する前に、そもそもOTC医薬品とは何なのかをご紹介します。
OTC医薬品のOTCとは英語でOver The Counter(対面販売で薬を買うこと)の略称です。これは一般用医薬品、つまり、薬局やドラッグストアなどで販売されている医薬品のことをさします。
反対に、医師が処方する医薬品は、医療用医薬品といわれます。ここで「スイッチ」という言葉が頭につきました。
「スイッチ」とは「転用する」という意味があり、スイッチOTC医薬品とは、もともと医療用医薬品だったものが一般用医薬品へスイッチされた、転用された医薬品であるということなのです。

分類

スイッチOTC医薬品とは、最初から一般販売を目的につくられたOTC医薬品ではなく、従来は医師が処方していた医療用医薬品を転用し、薬局やドラッグストアなどで処方箋なしで購入できるようになった医薬品をいいます。
医療用医薬品として長年使われ、有効性や安全性が確立されたため、一般用医薬品として販売されるようになったという背景があります。そのため、有効成分や服用方法、用量なども医療用で使用されていたものと全く同じであることも特徴のひとつです。

役割

セルフメディケーションとは「自分自身の健康に責任をもち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」とWHO(世界保健機関)は定義をしています。
自分自身で健康管理をおこない、体調の変化に合わせ、適切にスイッチOTC医薬品を利用することで、自分自身の健康を自分で守ることができます。
たとえば、少し胃が痛むときに、早めに有効成分を含むスイッチOTC医薬品の胃薬を飲むことで、重症化することを予防し、病院などに行かずに快復できることがあります。
また、風邪気味のときは、病院へ行く前に市販される風邪薬を飲むという方も多いのではないでしょうか。自宅の常備薬として親しまれている身近な薬の中にも、スイッチOTC医薬品がありますので、ぜひ確認をしてみてください。
また、添付文書をよく読み、指示されている期間使用しても症状の改善が見られない場合には、必ず医療機関を受診するようにしましょう。

まとめ

医療費控除の特例制度「セルフメディケーション税制」は、2021年12月31日までです。
この特例制度は、スイッチOTC医薬品の年間購入額が、1世帯の合計で1万2000円以上になった場合、対象として利用できます。
セルフメディケーションの概念が、自分で健康管理をおこない、身体の変化に合わせ、手当てをおこなうことであるので、健康診断やガン検診をおこなっていることも利用条件に含まれてきます。
残念ながら、リアップはOTC医薬品ではありますが、スイッチOTC医薬品ではありません。その理由は、医療用医薬品として使われたことはなく、最初から一般販売を目的につくられたものだからです。
その点を踏まえつつ、これからもよりよいヘアケア生活を進めてくださいね。