フレッシュリアップとは?効果・成分、使用方法、価格など調べました。

ヘアケアを始めようと考えたとき、まず手に取るものはなんでしょうか?脱毛が進行しているのなら初めから医薬品を使うのもよいですが、少し脱毛が気になり始めたという方は、まずは化粧品・医薬部外品に分類されるシャンプーやヘアトニックを試してみようとするものではないかと思います。 そうした商品を選ぶとき、安心感があるのはヘアケア商品に強いメーカーだと思います。
そこで今回は、発毛剤のパイオニアであるリアップの医薬部外品シリーズ「フレッシュリアップ」について、その効果や使用方法などをご紹介します。

 

フレッシュリアップとは?

フレッシュリアップは、薄毛・抜け毛が気になりはじめた人を対象とした薬用育毛トニックです。
医薬品ではなく医薬部外品であるため、値段も手ごろで気軽に始めることができます。
リアップの代名詞ともいえる発毛成分「ミノキシジル」は含まれていませんが、育毛成分であるビタミンE誘導体やセンブリ抽出エキス、保湿作用のあるエイメイソウエキスなどが含まれており、育毛、脱毛の予防はもちろん、フケ・かゆみを抑え、毛髪・頭皮をすこやかに保つ効果があります。

フレッシュリアップの特長

フレッシュリアップは薬用育毛トニックであり、頭皮への心地良いあたり感と持続する爽快感が特長です。
抜け毛予防や育毛を目的に使用されるもので、血行を健やかに保ち、毛根付近の細胞を活性化させることで効果を発揮します。
噴出剤として炭酸ガスとジメチルエーテルの2種類を採用したことで、頭皮にあたる感覚を爽快感のあるものにしています。
液だれしにくいため、強い清涼感があっても頭皮にのみ作用し、顔や首筋などの不要な部分に清涼感が出ないように工夫されています。

フレッシュリアップの成分と効果

フレッシュリアップには育毛、脱毛の予防、発毛促進、薄毛、養毛、毛生促進、病後・産後の脱毛、フケ、かゆみに対する効能・効果が表示されています。
これらの効果を発揮するための成分や使用上の注意について説明します。

有効成分

センブリ抽出液

リンドウ科センブリという植物から抽出して得られる液体です。
センブリは苦み成分によって胃腸の健康を守る生薬として用いられますが、この苦み成分が頭皮に刺激を加えることで頭皮の血流を健やかに保ち、毛根にも直接刺激を与えることで、脱毛を抑えて育毛の効果を発揮するといわれています。

パントテニールエチルエーテル

パントテン酸を利用しやすい形に加工したもので、ビタミンB群の一種です。
皮膚に塗ることで、乾燥や炎症を防ぐ効果があるといわれています。

酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体の名称です。
ビタミンEはそのままでは水に溶けにくい性質を持っているため、加工して扱いやすい形にしたものが酢酸トコフェノールとなります。
ビタミンEは皮脂の酸化を予防し、頭皮に負担をかけないようにする働きを持っています。
塗った部位の血流を健やかに保つ効果を持ち、毛髪の健康を守ります。

その他の成分

延命草エキス

延命草は強い苦みによって胃腸の健康を守る生薬として用いられ、過去にはセンブリの代用品としても活用されていました。
この苦み成分が頭皮に刺激を与え、また、殺菌効果を発揮することで、頭皮の健康を守ります。

メントール、ハッカ油

メントールとハッカ油は、頭皮に清涼感を与える目的で用いられている成分です。
ほてりや炎症を抑えることが期待でき、爽快感のもとになっています。

ユーカリ油

ユーカリ油は香料の一種で、ユーカリの葉から抽出した精油です。
抗菌作用や冷感作用を持つといわれています。

ウイキョウ油

ウイキョウ油は香料の一種で、ウイキョウから抽出した精油です。
生薬として服用した時には健胃・鎮痛作用を持ちますが、皮膚に塗った時には抗菌作用や抗炎症作用を持つといわれています。

ホホバアルコール

ホホバアルコールはホホバという植物から抽出したアルコールです。
頭皮の乾燥を防ぎ、皮膚を健やかに保つ作用を持つため、フケ防止・育毛に役立ちます。

BG(ブチレングリコール)、POE水添ヒマシ油、フェノキシエタノール

BG、POE水添ヒマシ油、フェノキシエタノールは、有効成分を安定化して溶液に溶かし込むために用いられる溶剤です。
保湿作用がありますが、溶剤として用いられる量では作用を発揮できるだけの分量とはなりません。

フレッシュリアップの使用について

フレッシュリアップの効果を最大限に発揮させるためには、適切な使用方法が重要になります。
ただ大量に噴射するだけでは、期待する効果が得られないばかりか、何らかの不具合がおきてしまうこともあります。
しっかりと使用方法を確認しておきましょう。

フレッシュリアップの使用方法

フレッシュリアップは、頭皮に直接噴出して使用します。
噴出後は頭皮をマッサージしましょう。
なお、使用前にシャンプーで毛穴づまりをサッパリ洗浄して頭皮を清潔にすると、より効果的です。

フレッシュリアップの塗布タイミング

フレッシュリアップの育毛成分がしっかりと働くためには、頭皮に無駄な皮脂がない清潔な状態である必要があります。
そのため、洗髪したあとに水分を拭き取ってからが、もっとも良い塗布タイミングとなっています。

フレッシュリアップのガス抜きについて

添付されているガス抜きキャップを利用して、ガス抜きを行います。
布や新聞紙の上にガス抜きキャップを置き、噴射ボタンを取り外した缶を逆さにして、キャップに強く押し込みます。
噴射音が消えるまでそのまま放置してください。
ガス抜きを行う時には、中身を使いきってから火気のない戸外で行うようにしましょう。

使用上の注意

頭皮に傷や湿疹などの異常がある場合には、使用はできません。
目や粘膜に向けての噴射はせず、目に入った場合には速やかに洗い流してください。
使用時に容器が逆さになっていると炭酸ガスのみが噴射され、有効成分が噴射されないので注意してください。
液だれしにくくはなっているものの、あまりに大量に噴霧すると顔や首筋に薬液がたれることもあるため、噴霧量には気を付けなければいけません。
可燃性の高圧ガスを使用しているため、高温(40℃以上)の場所に置いておくと破裂する危険があります。
火気のある部屋で大量の使用は避けてください。

フレッシュリアップの価格は?

フレッシュリアップの価格は、販売店や販売サイトによって異なっています。
包装はすべて185gですので、値段によって内容量が異なることはありません。
できるだけ安く手に入れるため、通常の小売価格をまずは確認してから、通販サイト別の値段を確認していきましょう。

通常販売小売価格

メーカーが提示している希望小売価格は、185g包装で950円(消費税別)となっています。

フレッシュリアップの通販サイト別値段一覧

Amazon 最新の価格と購入リンクを設置
楽天 最新の価格と購入リンクを設置
Yahoo!ショッピング 最新の価格と購入リンクを設置

フレッシュリアップによる副作用は?

フレッシュリアップは医薬部外品に当たるため、副作用の記載はありません。
使用上の注意には、使用後にかゆみや赤み、はれ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が現れた場合には、使用を中止し、皮膚科専門医への相談を検討しましょう。

フレッシュリアップの口コミ

フレッシュリアップを実際に使用した方の口コミについてまとめてみました。
同じ商品でも使う人によって印象は大きく違うものですので、良い口コミと悪い口コミ、双方からフレッシュリアップについてみていきましょう。

良い口コミ

“液ダレしにくく、使い勝手がいい
育毛トニックはいくつか使いましたが、これの良さは
「液ダレがしにくい」ことでしょうか。
水鉄砲のように液が出る育毛トニックが多い中で
これはそれよりもスプレーに近い感じです。
手でマッサージしたあとも、手がベタつきにくいですし
マッサージしづらい場面でもなかなかたれてこないので、
気軽に使えます。
清涼感も結構長続きします。 育毛トニック類は液ダレすると、つたってきた部分に匂いとか
妙な清涼感が長く残ったりして辛い時がありますが
これはそうしたことが起きにくく、とても使いやすいです。
育毛シャンプーはよく使うのですが、ヘアトニック類は
液ダレが苦手であまり使ってませんでした。
でもこれなら使えそうです。
値段も(リアップと呼ぶ割には)お手頃なのがいいですね。
これはありだと思います。
結構気に入りました。

頭皮すっきり!以前は高い某社のものを使っていましたが、効果もあまり実感できず、それならすっきり感が高いものがよいと思い、色々使ってみましたら、これが一番気持ちよく安い。
効果はかなり先でないとわかりませんが、気持ちよさは実感です。
毎日の洗髪風呂上がりにシュっと使っています。

悪い口コミ

痛いです
自分には頭皮への刺激が強すぎました。
もう購入しません

爽快感はあるが、育毛効果は謎。
少しだけ頭皮がよくなったが、抜け毛は変わってないと思います。

リアップとフレッシュリアップの違いってなに?

同じリアップシリーズでも、リアップとフレッシュリアップには大きな違いがあります。
そもそも目的とする効果が異なり、リアップでは発毛を目指すために使用され、フレッシュリアップでは脱毛を抑えて育毛するために使用されます。
つまり、すでに脱毛が強く、薄毛を起こしている人にはリアップが効果的です。
一方、強い脱毛や薄毛ではないが、少し抜け毛や脱毛が気になり始めた方や毛髪と頭皮を健やかに保ちたい方にはフレッシュリアップが効果的となるのです。
この効果の違いは、発毛成分であるミノキシジルの配合の違いです。
リアップには発毛成分であるミノキシジルが配合されているのに対し、フレッシュリアップにはミノキシジルが配合されていません。
ミノキシジルが配合されることで医薬品となるため、フレッシュリアップは医薬部外品に分類されます。
フレッシュリアップに配合されているのは、育毛成分であるビタミンE誘導体やセンブリ抽出エキス、爽快成分であるl-メントールなどです。

フレッシュリアップとリアップなどの発毛剤を併用しても大丈夫?

医薬部外品のフレッシュリアップは、リアップとは併用することができません。
リアップの添付文書には、ほかの医薬品や医薬部外品などの塗り薬を併用しないように注意書きがされています。
具体的に併用を禁止する理由は記載されていませんが、併用することでミノキシジルの効果が十分に発揮されなくなってしまったり、予期しない副作用が起きてしまったりする可能性があるからでしょう。
フレッシュリアップのような使用感も欲しいし、ミノキシジルの効果も欲しいというのなら、フレッシュリアップと同じジェット噴射式エアゾールでありながらミノキシジルも配合した「リアップジェット」がおすすめです。

【まとめ】フレッシュリアップ抜け毛予防に効果的

フレッシュリアップは、医薬部外品として効能効果が認められている製品です。
使用時の爽快感が特長で、頭皮を健康に保ち毛根を刺激することで育毛効果を発揮し、抜け毛を予防します。
液だれしにくく作られているので、抜け毛や薄毛が気になり始めた方や頭皮の健康を保つためのヘアケアを始めたい方に使いやすい製品といえるでしょう。
さらに使用前にシャンプーで毛穴づまりをサッパリ洗浄して頭皮を清潔にした後で、フレッシュリアップを使用すると、より効果的です。
ただし、強い爽快感があるため、敏感肌の人には刺激が強すぎるかもしれません。
また、リアップシリーズではあるものの、フレッシュリアップは、発毛成分であるミノキシジルは含まれていないため、新たに毛髪が生える効果は期待できません。
あくまでもフケやかゆみ、抜け毛の予防に対しての効果となりますので、自分の髪の状態に応じて、発毛効果を求めるなら発毛剤のリアップシリーズ、抜け毛や薄毛が気になり始めた方にはフレッシュリアップといった形でのリアップシリーズの使い分けが大切です。