アラサー必見!髪のプロがおすすめする「薄毛が目立たない髪型」とは?

薄毛を目立たなくするために、金髪やボウズ、短髪にするなど髪型を工夫する人は多いと思います。そんな薄毛男性の悩みを解決すべく、日頃から奮闘しているのが、美容師や理容師の存在。

今回は100人の美容師・理容師を対象に、アラサー世代のお客さまにまつわる薄毛状況をアンケート調査。薄毛が進行しやすいのはどんな頭皮?
薄毛男性におすすめの髪型からNGのヘアスタイルまで幅広く聞きました。また、髪のプロが自分で実践している薄毛ケアについても紹介しているので、薄毛が気になる方はぜひ参考にしてください。

薄毛の相談を受けたことがある美容師・理容師は約8割

薄毛に悩むアラサーの男性客から相談をされた

お客様に薄毛の状態を伝えたことがある

まず、20代後半から30代前半のアラサー世代のお客さまから薄毛の悩みを相談されたことがあるかを聞いてみると、79%の美容師・理容師が「ある」と回答。遠回しな表現を含め、薄毛の状態をお客さまに伝えたことがあるかという質問に対しても、74%が「ある」と答えています。

どちらも8割に届きそうな高い割合ですが、それだけ多くのアラサー男性が薄毛に悩んでいたり、実際に薄毛になっていたりするようです。

美容師・理容師が告白!薄毛が進行しそうな髪質・頭皮とは?

薄毛が進行しやすいと思うのはこんな人
十人十色の髪や頭皮を見ている美容師・理容師には、薄毛が進行しそうな男性のタイプが分かるといいます。そこで、どんな髪質や頭皮だと薄毛が進行しやすいと思うのかを聞いてみました。

圧倒的に多かったのは「頭皮が硬い」(75.0%)で、次に多かったのは「髪が細い」(67.0%)でした。頭皮が硬くなる理由は血行不良などさまざまですが、硬くなればなるほど髪の元気はなくなり、髪が細くなったり抜けたりするといわれています。

また割合は下がるものの、「頭皮が脂っぽい」(47.0%)、「髪がやわらかい」(44.0%)、「髪のコシがない(強度)」(38.0%)、「髪のハリがない(弾力)」(32.0%)と回答した美容師・理容師も多くいました。薄毛が進行しやすいケースはさまざまですが、頭皮や髪の状態が当てはまる人は注意が必要そうです。

アラサーの薄毛男性にNGな髪型をタイプ別にランキング!

おすすめしない髪型TOP5
髪のプロである美容師や理容師にこそ聞いてみたいのが、薄毛の人にNGな「髪型」があるのかどうか。

頭頂部に向けて薄くなる「U字型」、おでこの薄毛が目立つ「M字型」、頭頂部が丸く薄い「O字型」、おでこと頭頂部が薄い「M+O字型」、全体的に「うっすら薄い」の5タイプに分けて、おすすめしない髪型を聞いてみました。

その結果、なんとすべての5タイプで1位または2位にランクインしたのが「ロング」。その理由は、髪の重さで全体的にシルエットが下がり、トップのボリュームがなくなることで薄い部分がより強調されてしまうようです。

また「U字型」や「O字型」などでは、薄毛部分がかえって目立ちやすくなってしまうという理由で「ボブ」や「マッシュ」と回答した人も多く、「O字型」では「センター分け」や「ソフトモヒカン」は作りにくいスタイルとして上位にランクインしています。

興味深いのは、「M字型」と「うっすら薄い」の2タイプについては、おすすめしない髪型が「特にない」と答えた人の割合も高いこと。薄毛のタイプの中では、ヘアスタイルがあまり制限されないようです。

では、おすすめしない髪型に関して、美容師や理容師から実際に寄せられた声をご紹介します。

・全部のタイプの薄毛にロングはすすめない。 髪の毛の重たさなどでトップがペタンコになってしまうから(女性/44歳)

・U字型の人がセンター分けやソフトモヒカンをすると、額が広く出て後退を強調してしまう(女性/24歳)
・O字型の方は髪の毛を長くする部分に髪の毛がないので、なかなか思い通りの髪型になりづらい(女性/39歳)

・ロングにするとU字型ではバランスが悪いし、O字型では落武者のようになってしまうから(男性/49歳)

・頭頂部が薄い人は、ボブやミディアム、ロングなどサイドが重く見えがちなヘアスタイルにすると差が強調されて不自然な感じになる(女性/41歳)

アラサーの薄毛男性におすすめしたい髪型は?

おすすめの髪型TOP5
一方で、薄毛男性におすすめする髪型についても聞いてみました。結果を見ると「潔く短くするのがいい!」というのが総合的な意見なようで、薄毛5タイプすべてで、「ボウズ」と「ベリーショート」がTOP2となっています。

「刈り上げ」や「ショート」も後に続きますが、いずれにしても“短くするのが吉”、と考える美容師や理容師がほとんどのようです。割合は少ないものの、「ソフトモヒカン」も全タイプで5位にランクインしています。

アラサーの薄毛男性におすすめする髪型についても、美容師・理容師のリアルな声が寄せられているのでご紹介します。

・長くするより潔く短くした方がかっこよくなるから(女性/26歳)

・どの薄毛のタイプでも短くした方が目立ちにくい。頭皮にも負担がかかりにくいと思う(女性/39歳)

・薄い部分の付近を厚めに残すと、薄い部分が逆に強調されてしまう。短めにした方が薄毛も目立ちにくくなる(男性/43歳)

・汗や脂で髪が集まると、薄い部分が余計に薄く見えてしまうのでショートがおすすめ(男性/51歳)

・M+O字型は、頭頂部の薄さと同じくらい刈り上げやボウズにして地肌を出した方が目立たない(男性/63歳)

髪のプロが実践する薄毛ケアTOPは「頭皮マッサージ」

髪のプロが実践している頭皮ヘアケア
髪の悩み相談を受ける立場の美容師や理容師自身は、どんな薄毛対策をしているのでしょうか?
一番多かった回答は「頭皮マッサージをする」で約6割でした。血行がよくなったり、頭皮をやわらかくしたりする頭皮マッサージは自分でも簡単にできるケアの一つ。多くの美容師・理容師が実践しているので、薄毛が気になる人は試してみてもよいかもしれません。

その他には「生活のリズムを乱さないようにする」(42.0%)、「規則正しい食生活をする」(41.0%)、「睡眠をしっかりとる」(39.0%)と続きます。どれも、生活習慣を整えるという根本的な対策ばかり。それだけ、日々のストレスが髪に影響することを実感している人が多いことが分かります。

薄毛対策には「髪型」と「頭皮ケア」の両輪がおすすめ

薄毛対策には、髪型の工夫も大切ですが、頭皮マッサージを始めとする髪にやさしい生活習慣を心がけるといった根本的な対策が有効なようです。

今回ご紹介した美容師や理容師が「おすすめする」「おすすめしない」髪型や、美容師・理容師が実践しているヘアケア対策をぜひ参考にしてみてください。

また、生活習慣の見直しと平行して取り入れるといいのが、育毛剤や発育剤を活用した薄毛対策。美容師や理容師のアンケートでも「育毛剤・発毛剤を使う」が6位に挙げられています。

発毛剤ラボでは、薄毛対策を考えている方向けの発毛剤情報や、メーカー各社から発売されている発毛剤の使い方、頭皮ケアの仕方などを詳しくご紹介しています。発毛剤ラボを読んで、今から薄毛対策を始めてみませんか?