リアップX5プラスネオとリアップX5プラスローションは何が違う?新しくパワーアップしたリアップ

リアップのライバル同士で対決!メディカルミノキ5とリグロEX5、どっちがいいの?

大正製薬の「リアップ」は、1999年の発売開始以来「日本で唯一発毛効果が認められた発毛剤」として発毛・育毛剤市場をけん引してきました。2018年にはリアップの特許期間が終了し、続々とジェネリック製品が発売されていますが、大正製薬の毛髪研究は留まるところを知りません。リアップシリーズとして、ミノキシジル濃度が初代の1%のものからさらに臨床試験を、重ね5%製剤を世に送り出したのが「リアップX5」です。さらに、頭皮環境改善を目的とした有効成分の配合など研究を重ね、「リアップX5プラスローション」が、2015年に登場しました。それから5年、2020年に「リアップX5プラスネオ」として、新たにリニューアルされました。「リアップX5」から最新の「リアップX5プラスネオ」まで、その開発と違いについて解説します。

どの発毛剤を使ったらいいかわからない。そんな方はこちら
発毛剤の定番で調査!リアップ&スカルプD メディカルミノキ5&リグロEX5

リアップX5プラスネオとは?

「リアップX5プラスネオ」は、大正製薬のミノキシジル配合発毛剤「リアップ」シリーズのひとつです。国内で唯一発毛効果が認められているミノキシジルを5%配合し、「壮年性脱毛症における発毛、育毛」および「脱毛(抜け毛)の進行予防」を効能・効果とする第1類医薬品の発毛剤です。2015年10月から発売していた「リアップX5プラスローション」がリニューアルされ、2020年4月に発売されました。

リアップX5プラスネオの最大の特徴は、配合されている有効成分の種類の多さです。リアップX5プラスネオの前身である「リアップX5プラスローション」には、5%ミノキシジルに加え、頭皮環境を改善して発毛効果をサポートする有効成分が3種類(配合されていました。リアップX5プラスネオには、さらに炎症やかゆみ、フケの原因となる皮脂や常在菌のバランスの乱れに作用する有効成分が3種類増え、2020年2月時点でミノキシジルも含めて国内最多の計7種類が配合されています。

リアップX5プラスローションとは?

「リアップX5プラスローション」は、5%ミノキシジル配合発毛剤「リアップX5」に、3種類の有効成分を配合したバージョンアップ版とも言えます。

薄毛の男性の頭皮は皮脂が多い傾向にあり、抜け毛の原因のひとつと考えられています。頭皮の皮脂は、ミノキシジルの浸透が妨げられる恐れがあるため、毛穴の皮脂詰まりや、臭いの原因となる過酸化脂質の生成を抑えるなど、頭皮環境を改善するサポート成分3種類が、追加で配合されています。2015年から、2020年に「リアップX5プラスネオ」にリニューアルされるまで発売されていました。

リアップシリーズは年々進化

「国内唯一発毛効果が認められた」という文言で有名なリアップシリーズの開発の変遷について、初代「リアップ」から、最新の「リアップX5プラスネオ」まで紹介します。

リアップ

リアップは「壮年性脱毛症における発毛、育毛および、脱毛(抜け毛)の予防」に対し、唯一国内で有効性と安全性が認められている発毛剤として、発売当初注目を浴びた製品です。

リアップの有効成分であるミノキシジルの外用薬は、元々米国アップジョン社が開発し、1988年に2%ミノキシジル配合発毛剤が、医療用医薬品としてから発売されました。その後、OTC薬になり、現在では世界90ヵ国で使用されています。

日本では、大正製薬が1985年に米国アップジョン社と技術提携し、日本人成人男性を対象として臨床試験を行いました。1%ミノキシジル配合発毛剤は、1回1mLを1日2回、少なくとも6ヵ月間使用して効果が出るため、臨床試験には長期間かかりました。また、1回1mLを正確に計り、簡単かつ安全に頭皮に塗布できる容器も試行錯誤の上、初代リアップから変わっていません。 「髪が再び復活する願い」を込めた「リアップ」の名前で、承認申請から7年の年月を要し、1999年にOTC薬として承認されました。

リアップの有効成分であるミノキシジルは、頭皮に使用すると毛包に直接作用し毛乳頭細胞に働きかけ、毛母細胞を活性化させ増殖やタンパク質の合成を促進することで、発毛効果を発揮することが分かっています。添加物として、リアップシリーズでは唯一、プロピレングリコールを使用しています。

参考までに、女性用発毛剤として2005年にリアップと同じ1%ミノキシジル配合発毛剤「リアップレディ」が発売され、2011年に「リアップリジェンヌ」にリニューアルされています。

リアッププラス

「リアッププラス」は、1%ミノキシジル配合の「リアップ」に、さらに頭皮環境を改善する3種類の成分をプラスした製品で、2008年から現在も発売されています。以下の3種類の成分が配合されています。

  • パントテニールエチルエーテル:毛細胞に栄養を補給し、頭皮を健全な状態にする
  • トコフェロール酢酸エステル:頭皮の皮脂の酸化を防ぎ、頭皮を保護する
  • ℓ-メントール:頭皮のかゆみをおさえ、清涼感を与える

参考までに、2012年発売の「リアップジェット」は、リアッププラスと同成分で使用感を高めたジェット噴射式の製品です。

リアップX5

海外のミノキシジル配合発毛剤は、ミノキシジルが2%または、5%配合されていたため、個人輸入などで使用されていましたが、安全性が確認されていませんでした。

そこで、日本でもミノキシジルの濃度が1%の「リアップ」、「リアッププラス」よりも高い濃度での臨床試験が行われ、5%ミノキシジルを配合した方が、1%より有効性が高く、かつ副作用等の安全性は変わらないことが確認されました。2009年から現在も、ミノキシジル5%配合発毛剤「リアップX5」が発売されています。

5%のミノキシジルを配合するに伴い、リアップの添加物であるプロピレングリコールよりも皮膚の刺激が少ない1.3-プロピレングリコールが使用されることになりました。

リアップX5プラスローション

2015年、ミノキシジル5%製剤である「リアップX5」のミノキシジルの有効性を、さらに高めるために、頭皮環境を改善して発毛効果をサポートする成分を配合した「リアップX5プラスローション」が開発されました。ミノキシジル1%製剤の「リアッププラス」とは一部異なる発毛サポート成分として、以下の3種類が配合されています。

  • ピリドキシン塩酸塩:ミノキシジルの浸透を妨げる毛穴の皮脂の詰まりを防ぐ
  • トコフェロール酢酸エステル(リアッププラスと共通):頭皮の炎症・においの原因となる過酸化脂質の産生を抑える
  • ℓ-メントール(リアッププラスと共通):炎症・かゆみを抑えると共に清涼感を与える

リアップX5プラスネオ

「リアップX5プラスネオ」は、「リアップX5プラスローション」の処方に加え、頭皮の炎症や、かゆみ、フケの原因となる皮脂や常在菌のバランスの乱れを改善する有効成分を、「スカルプバランス成分」と名付け、3種類配合して2020年にリニューアル発売になりました。

スカルプバランス成分:グリチルレチン酸、ジフェンヒドラミン塩酸塩、ヒノキチオール

リアップは2018年に特許期間が終了し、各メーカーがジェネリック製品を続々と発売しましたが、リアップシリーズは1999年の初代リアップ発売以降、20年以上にわたり発毛剤のトップランナーです。その理由は、リアップ承認時の臨床データで認められたミノキシジルの発毛・脱毛予防効果に加え、市販後も副作用に対する対応や、発毛効果を上げるための毛髪研究を継続しているからです。リアップX5プラスネオは、その成果を結実させ確実に進化をとげた発毛剤と言えます。

X5とX5プラスローション、X5プラスネオの相違点

リアップシリーズのうち、ミノキシジル5%配合製品についての比較です。

成分 主たる有効成分は3製品共通の5%ミノキシジルです。その他、<発毛サポート成分>と<スカルプバランス成分>が、開発に従って段階的に増えています。

使い心地 パッケージデザインは基本的に変わりありませんが、配合成分が追加されていることが分かりやすいです。またボトルのノズルは、初代から変わっていません。

値段 基本的に、メーカー小売価格は変わりありません。

リアップX5 リアップX5プラスローション リアップX5プラスネオ
成分 5%ミノキシジル
<発毛サポート成分> ・ピリドキシン塩酸塩 ・トコフェロール酢酸エステル ・L-メントール
<スカルプバランス成分> ・グリチルレチン酸 ・ジフェンヒドラミン塩酸塩 ・ヒノキチオール
使い心地 ミノキシジル濃度が5%になったことを強調するパッケージデザインです。 初代リアップから継続する逆さにするだけで正確に1回量が計れる容器は使いやすさで、他のジェネリック製品と差別化しています。 リアップX5に発毛サポート成分3種類が配合されたことが分かりやすいパッケージデザインになっています。 発毛サポート成分にℓ-メントールが配合され、使用時の爽快感がプラスされました。 ボトル容器の使いやすさは、リアップX5と変わりありません。 リアップX5プラスローションからさらに有効成分が増えたことが分かりやすいパッケージデザインです。 有効性の期待が高まった上に、使用感やにおいは変わりないため、リニューアル後も、安心して切り替えて継続することができます。 ボトル容器の使いやすさは、リニューアル後も変わりありません。
値段(税込) 7,753円 7,753円 7,753円
医薬品分類 第一類医薬品 第一類医薬品 第一類医薬品

効果や使い心地はどう?口コミから知る

リアップシリーズは、第1類医薬品のためインターネット通販などの口コミは禁止されています。商品の評判や感想をコメントするサイトから、いくつか紹介します。

主人が2ヵ月位使い続けているようですが、見た目にはなんの変化も感じれないかな。ほんのちょっと毛質が変わったような気もしなくはない程度。本人も実感はあんまりないみたい。かなり気長に使い続けるしかないのかも。

10か月使用しています。価格は高めですが、今のところは満足です。

べたつきが少ないため使いやすいです。

気になるところにピンポイントで付けられるのが嬉しい!

頭皮が少し赤くなってヒリヒリしました。続けていくうちに自然に収まりましたが…。

リアップX5プラスネオの購入方法

「リアップX5プラスネオ」は第1類医薬品のため、薬剤師を通して購入します。その購入方法について、薬局やドラッグストアなどの実店舗とインターネット通販での例を紹介します。

実店舗での購入

薬局やドラッグストアでは、薬剤師のいる店舗で、薬剤師のいる時間帯に購入することができます。薬剤師から、使用する方の年齢・性別・使用経験・アレルギーなどの既往、現在の体調や基礎疾患、常時服用している薬などについて質問があります。その後、リアップシリーズの副作用や使用上の注意などの説明を受け、理解したと判断され、質問がなければ購入できます。購入時には、毎回この手順を踏み、使用経験がある場合には使用後の気になる症状の有無などについて質問があります。

購入する際は、予め薬剤師のいる時間帯などを店舗に確認する方が良いでしょう。

インターネット通販での購入

各購入サイトで、リアップX5プラスネオを「買い物かご」に入れる際に、使用する方の年齢・性別・使用経験等、実店舗と同様の質問に対して該当項目をチェックし、購入に進みます。その後、薬剤師からリアップシリーズの副作用や使用上の注意などが記載されたメールが届くので、メールの内容を読み理解したことを返信すると、商品が送られてきます。 薬剤師からのメールに返信をしないと、商品の購入が完了しないので注意が必要です。

リアップX5プラスネオの詳しい購入方法はこちらをご覧ください。

【医師監修】リアップはどこで買える?薬局とネットショップ通販での買い方を解説