「なんだか髪のボリュームがなくなってきた気がする…」 「かゆみやべたつき、頭皮の匂いが気になるようになってきた」 そんな頭髪のトラブルに気づいたら、普通のシャンプーから「育毛シャンプー」へと切り替えるタイミングです。
育毛シャンプーは、髪が成長するための土台になる頭皮の健康を考えて作られたシャンプーです。薄毛を進行させないためには、早いうちから育毛シャンプーを取り入れ、頭皮のお手入れを始めることが大切です。
今回は、育毛シャンプーの選び方や、効果的な髪の洗い方のポイントをお伝えします。
おすすめの育毛シャンプーも、メンズ・レディース別にご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

育毛シャンプーとは?

育毛シャンプーとは、頭髪を生み出すベースである頭皮のケアを第一に考えて作られたシャンプーのことです。
頭皮環境を清潔に整える成分を配合しているのが特徴で、メーカーによっては「スカルプ(頭皮)シャンプー」という名前で販売している場合もあります。

普通のシャンプーとのちがい

普通のシャンプーは、今生えている髪の美しさを引き出すことを目的にして作られています。

一方、育毛シャンプーは、これから生えてくる髪のために、その土台である頭皮のケアを一番の目的にして作られているシャンプーです。

それぞれのシャンプーには以下のようなちがいがあります。
普通のシャンプー

  • 髪のつやを出す
  • 髪のうねりを抑えたり、スタイリングしやすくする
  • 枝毛、切れ毛などのダメージケア など

育毛シャンプー

  • 頭皮に溜まった皮脂汚れを除去する
  • 頭皮にうるおいを与える
  • 頭皮に清涼感を与える など

育毛シャンプーは、弱っている頭皮のことも考えて、低刺激の製品が多いのも特徴の一つです。

含まれている成分・効果は?

育毛シャンプーで期待できる効果は、頭皮環境を健やかに保つことです。
ミノキシジルなどの有効成分は入っていないため、発毛効果はなく、あくまでも頭皮の環境を改善するものです。
医薬品成分は一切含まれていないので、副作用もなく誰でも使用できます。
医薬品の発毛剤はまだハードルが高いと感じている人にもおすすめです。

発毛剤との併用はできる?

育毛シャンプーは、リアップなどの医薬品の発毛剤との併用が可能です。
育毛シャンプーは、頭皮をベストな状態に導いてくれるので、発毛剤と組み合わせて使うことで、液が浸透しやすく、発毛剤の効果をより実感しやすくなります。
すでに発毛剤を使用している人は、ぜひ育毛シャンプーと組み合わせて使ってみてください。

育毛シャンプーを選ぶ時のポイント

健やかな頭皮の環境をキープするためには、頭皮を刺激せずに、適度に皮脂を取り除いてくれる育毛シャンプーを選ぶようにしましょう。
自分に合った育毛シャンプーを選ぶためのポイントを見ていきましょう。

洗浄力を確認

育毛シャンプーは、適度な洗浄力のものを選びましょう。
必要な皮脂まで根こそぎ洗い去ってしまうと、乾燥やフケ、あるいは過剰な皮脂の分泌などを引き起こし、逆効果になってしまいます。
育毛に向いているのは、適度な洗浄力のある「アミノ酸系」や「べダイン系」の成分を使用しているシャンプーです。
成分表を見ることで、おおよその洗浄力が確認できます。

アミノ酸系洗浄成分の一例

  • N-アシルタウリン塩
  • アシル化グルタミン酸塩
  • ココイルグルタミン酸
  • ココイルアラニン

べタイン系洗浄成分の一例

  • アルキルプロピルベタイン系(ラウラミドプロピルベタイン、コカミドプロピルベタイン)
  • スルホベタイン系(ラウリルヒドロキシスルタイン、ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン)

以上の成分が主成分なら、適度な洗浄力が期待できます。

一方、普通のシャンプーによく使われる、「ラウレス硫酸塩」や「ラウリル硫酸塩」などの、「高級アルコール系」の成分は、洗浄力が強すぎます。
これらの成分は、皮脂を過剰に除去してしまい、頭皮環境を乱す原因になるので、薄毛の気になる人は避けたほが良いでしょう。

低刺激がおすすめ

シャンプーにはヘアトニックのような爽快感が欲しいという人もいます。ただ、頭皮ケアのことを考えると、刺激性の添加物が少ないシャンプーが理想的です。
アルコールやイソプロパノールなどの洗浄成分や、酸化防止剤であるBTHなどの含まれていな製品を選びましょう。
強烈なメントールも、肌や弱い人はトラブルの原因になるので、避けたほうがよいでしょう。

泡立ちや洗い上がりをチェック

実際に使用してみて、泡立ちや洗い上がりをチェックしましょう。
シャンプーの洗浄力と、自分の頭皮のオイルバランスが合っているかどうか、泡立ちや洗い上がった感触などで確かめてみましょう。

コスパをしっかり確認

育毛シャンプーは、毎日使い続けていくことが大切です。
いくら高品質でも、高価すぎて続けられないようでは意味がないので、無理なく続けられるコスパの良い製品を選びましょう。
長期的に使うことを考えて、定期購入やまとめ買いでの価格比較をしておくとよいでしょう。

育毛シャンプーを使った正しい洗い方

育毛シャンプーの効果を高めるための正しい洗髪方法をチェックしていきましょう。

まずは頭皮全体を温める

シャンプーを手に取る前に、まずはぬるま湯で1~2分間ぐらい予洗をして、頭全体を温めます。
こうすることで、頭皮にこびりついた皮脂やほこりなどの汚れをおおまかに取り除くことができます。
また、ぬるま湯で頭全体を温めることで、毛穴が開き、シャンプーが行きわたりやすくなります。

しっかりと泡立てる

シャンプーを手に取ったら、泡立てネットやスポンジを使ってたっぷりと泡立てましょう。
そして、泡で包むように優しく髪と頭皮を洗います。泡立てずにそのまま頭につけ、ゴシゴシとこすってしまうと、切れ毛・抜け毛や肌トラブルの原因にもなるので避けましょう。

流す時は圧をかけずに優しく

シャンプーを洗い流す時も、ぬるま湯のシャワーで優しく洗い流しましょう。
強い水圧で刺激したり、指で強くこすることは避けましょう。

タオルドライがおすすめな理由

洗髪後は、タオルドライをおすすめします。
濡れたままの頭皮はデリケートで、かつ雑菌も繁殖しやすい状態になっているので、頭皮環境を守るためには、スピーディーに髪を乾かすことが大切なのです。
タオルを優しく頭皮にあてるようにして、水分をふき取ります。
ドライヤーの時間も短縮でき、熱によるダメージも軽減できるので、タオルドライは必ず行うようにしましょう。

おすすめの育毛シャンプーラインナップを紹介

市販されている育毛シャンプーの中で、おすすめのラインナップとそれぞれの特徴をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

メンズ育毛シャンプー

リアップエナジーシャンプー 大正製薬

あのリアップで有名な大正製薬の育毛シャンプーです。
肌タイプ別にオイリー、ストロングオイリー、ドライの3種類から選べます。
ボタニカル成分配合で、頭皮にうるおいを届けます。
400ml 定価 3,611円(税抜き)

スカルプD 薬用スカルプシャンプー アンファー

医師との共同開発で、エイジングケア製品を生み出してきたアンファーによる育毛シャンプーです。
ベタイン系洗浄成分配合で、頭皮に優しい薬用シャンプーです。肌タイプやお悩み別に5種類から選べます。
350ml 定価 3,576円(税抜き)

チャップアップシャンプー ソーシャルテック

頭皮に優しいアミノ酸系育毛シャンプーです。 22種類の植物系成分と10種類のオーガニック成分配合で、みずみずしい頭皮環境を作ります。
300ml 定価 4,140円(税抜き)

アクティシャンプーR リーブ21

永年、日本人男性の抜け毛、薄毛を研究してきたリーブ21が開発した育毛シャンプーです。
香料が含まれていないので、香りが苦手な人にはうれしいシャンプーです。
200ml 定価 4,500円(税抜き)

レディース育毛シャンプー

リジェンヌ シャンプー 大正製薬

リアップでおなじみの大正製薬が女性のために開発したアミノ酸系の薬用育毛シャンプーです。
保湿成分や海藻エキス配合で、うるおった頭皮環境をキープします。
240ml 定価 1,200円(税抜き)

スカルプDボーテシャンプー アンファー

美髪を生み出すためのふっくらうるおった頭皮を作る、植物成分を贅沢に使用した女性用育毛シャンプーです。
髪にハリやコシを与えて、スタイリングしやすくしてくれます。
350ml 定価 3,576円(税抜き)

アスタリフトスカルプフォーカス シャンプー 富士フィルム

富士フィルム独自の技術を生かしたアスタリフトシリーズから、女性用育毛シャンプーが誕生しました。
ハリのある髪を生み出す、ヒト型ナノヘアセラミドやアスタキサンチンを配合した美容液のような育毛シャンプーです。
300ml 定価 2,000円(税抜き)

kurokamiスカルプシャンプー Haru

100%天然成分で作られた育毛シャンプーです。抜け毛予防や美髪ケア、フケ・ニオイ予防、ダメージケアやUVケアなど、一本で手軽にケアすることができる優れものです。
400ml 定価 3,600円(税抜き)

育毛シャンプーを活用して、より効果的な育毛ライフを!

薄毛・抜け毛が気になりだした人も、自分はまだ大丈夫という人も、早めに頭皮のケアを始め、健康的な頭皮環境を整えるておくことが大切です。
育毛シャンプーを活用して、将来も若々しい髪をキープできるように、今日からさっそく育毛ライフを始めましょう。