リアップとノコギリヤシの併用で効果UP? 副作用の有無についても解説

壮年性脱毛症の治療といえば、リアップです。日本で唯一有効性が認められた発毛剤で、ミノキシジルが配合された外用薬です。

では、何か飲んで効く薬はないのでしょうか。皮膚科を受診すれば、自費ではありますが、皮膚科学会でもその効果が認められたフィステナリド、デュタステリドと言った脱毛症治療の薬を処方してもらえます。このフィステナリドやデュタステリドは、壮年性脱毛症の原因である男性ホルモンの量を減らす作用により、薄毛を改善する薬ですが、サプリメントのノコギリヤシにも、同様の作用が期待されています。

今回は、ノコギリヤシの効果とリアップとの併用について解説します。

リアップとノコギリヤシの効果の違い

壮年性脱毛症に効果が期待されているリアップとノコギリヤシですが、どのような違いがあるのでしょうか。その作用と効果について紹介します。

リアップの作用と効果

リアップは、大正製薬から発売されているミノキシジルを成分とした外用の発毛剤です。リアップは、ミノキシジルの血管拡張作用により毛包周囲の血流を改善して、毛包の細胞増殖やタンパク質の合成を促進します。それによって毛包が大きく育ちへアサイクルのうち短くなっていた毛髪の成長期期間が延びることで発毛効果が得られます。

ただし薄毛には様々な原因があり、すべてのタイプの薄毛に使用できるわけではありません。あなた自身の抜け毛や薄毛のタイプを知り、リアップを上手に活用する必要があります。リアップの使用に効果がある人や使い方のポイントについては、「リアップで効果を感じやすいのはどんな人?リアップを上手に活用するポイント」で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

ノコギリヤシの作用と効果

ノコギリヤシはヤシ科の植物で、その果実から抽出されたノコギリヤシエキスをサプリメントとして摂ることができます。ノコギリヤシには、男性ホルモンの一つであるジヒドロテストステロンの生成を抑える作用や、前立腺細胞にあるジヒドロテストステロン受容体に対する作用があると考えられています。
ノコギリヤシは、この作用により前立腺肥大症の頻尿や排尿障害に対して使用しますが、男性の壮年性脱毛症もまたジヒドロテストステロンが関与していることが分かっています。
そのためノコギリヤシによって、男性の壮年性脱毛症の改善効果が期待されています。

リアップとノコギリヤシは併用しても大丈夫?

前出の通り、リアップのミノキシジルとノコギリヤシは、発毛に対する作用が違います。またミノキシジルは塗布しても体内にほとんど吸収されることはないため、基本的には併用しても大丈夫です。ただし、ノコギリヤシとミノキシジルの相互作用は分かっていないので、併用する場合には、体調の変化などに注意する必要があります。

リアップとノコギリヤシを併用することのメリット

リアップは外用薬のため、直接頭皮から皮膚に吸収されて効果を発揮します。
そのため、全身への負担が少なく、発毛効果を得ることができます。ノコギリヤシは、サプリメントとして摂るため、ノコギリヤシエキスの成分が吸収されて、ジヒドロテストステロンの生成を抑えることで、脱毛症を改善します。
このように、リアップとノコギリヤシは、異なるメカニズムで発毛を促し、脱毛を改善できるメリットがあると考えられます。

ノコギリヤシの効果

ノコギリヤシは、ジヒドロテストステロンの生成を抑えることで脱毛症を改善しますが、その詳しいメカニズムについて解説します。

5αリダクターゼ対策で抜け毛を防ぐ

思春期になると精巣からテストステロンが分泌されるようになり、ひげを生やしたり男らしい骨格になったり、変声期を超えて声が低くなるなど、男性らしい性徴がもたらされます。
このテストステロンが全身をめぐり頭皮の毛乳頭細胞に入ると、「2型5αリダクターゼ」という酵素によってジヒドロテストステロンに変換されます。
ジヒドロテストステロンは毛乳頭細胞内の受容体と結合して髪の毛の成長を司る遺伝子に指令を出します。
すると、前頭部や頭頂部の髪の毛では、毛母細胞の増殖や成長を抑える因子が誘導されて、ヘアサイクルの成長期が短くなり、脱毛と軟毛により薄毛が進行し、壮年性脱毛症となります。

つまりジヒドロテストステロンは薄毛発症のスイッチというわけです。テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されなければ、薄毛の進行は抑えられると考えれば、2型5αリダクターゼの働きを抑えることが、薄毛対策の鍵となるといえるでしょう。

どのくらい効果があるの?

前立腺肥大症の方を対象として、ノコギリヤシエキスを1日320㎎3か月間服用した研究では、前立腺のジヒドロテストステロン量が減少し、前立腺肥大症による頻尿や排尿障害が改善したという報告があります。
頭皮の毛乳頭細胞や毛母細胞での研究はありませんが、ノコギリヤシによってジヒドロテストステロン量が減少すれば、壮年性脱毛症に対しても効果が期待できると考えられます。

閉経後のホルモンバランスの変化に伴う効果

女性の壮年性脱毛症の原因は、明らかになっていませんが、閉経後に発症することが多いため、男性ホルモンの関与が考えられています。
元々女性も副腎という臓器から男性ホルモンが分泌されていますが、女性ホルモンの方が多いため、男性ホルモンの影響は大きくありません。
しかし閉経を迎えると、女性ホルモンが減少するため男性ホルモンの影響を受ける割合が増えてきます。
そのため、女性の壮年性脱毛症の原因として、ジヒドロテストステロンの生成が関与しているとすれば、ノコギリヤシの効果も期待できるかもしれません。

ノコギリヤシの副作用は?

ノコギリヤシは、前立腺肥大症を対象とした研究では、副作用が少なく比較的安全に使用できるようです。
ただし、厚労省の調査によると、直接ノコギリヤシとの関連性は分からないものの、高血圧や心臓のドキドキ感、腹痛などの消化器症状、頭痛、鼻炎、疲労感などが報告されているようです。

近年、前立腺肥大症の夜間頻尿などの症状に対するノコギリヤシの効果について、さらに質の高い報告が多数集積され、分析が進んでいます。その中で、プラセボと比べても、ノコギリヤシによる副作用が問題になることはなく、安全に使用できることが確認されています。プラセボと共通の副作用としては、無力症、リピドー低下、下痢、めまい、射精障害、胃腸の不快感、頭痛、起立性低血圧がありましたが、いずれも軽症で安全性は明らかになっています。

個人差がありますので、ノコギリヤシを使用する場合には、ノコギリヤシの用法用量を守って、体調に注意しながら服用するようにしましょう。

ノコギリヤシの育毛効果を高めるためには

ノコギリヤシはあくまでもサプリメントで、明確な効能効果が明らかになっているわけではありません。では、その効果をより高める方法について紹介します。

育毛剤と併用する

ノコギリヤシの効果を高めるために、直接頭皮に塗布する育毛剤の使用をおすすめします。

育毛剤は、国内で唯一発毛効果が認められているミノキシジルは配合していませんが、漢方製剤やメーカー独自の育毛成分や、頭皮の環境を改善する成分が配合されています。使用感や配合成分、価格などを検討して併用してみてはいかがでしょうか。

亜鉛と併用する

亜鉛は、骨格筋・骨・皮膚・肝臓・脳・腎臓などに存在し、タンパク質の合成にかかわる必須ミネラルのひとつです。髪の毛のタンパク質を作る酵素にも亜鉛は含まれているため、良質な毛髪を作り頭皮を健康に保つためには亜鉛を摂ることは重要です。
亜鉛は体の中に貯蔵することも作ることもできないため、不足しないように食事から摂る必要があります。牡蠣、赤身の肉、鶏肉、豆類、ナッツ類など亜鉛が豊富に含まれている食品もありますので、食生活にうまく取り入れるようにすることが大切です。
もし、食事で摂ることが難しい場合には、厚生労働省が推奨する1日の亜鉛摂取量である男性10㎎、女性8㎎(18~69歳)を目安にサプリメントを利用すると良いでしょう。

超臨界抽出法のものを選ぶ

超臨界抽出法は空気中の二酸化炭素を利用して、有効成分を取り出す方法です。
抽出するための溶媒が残ることがなく、熱をかけたりしないため、熱に弱いノコギリヤシの抽出には最適です。ノコギリヤシのサプリメントを購入するときは、超臨界抽出法によるものを選ぶようにしましょう。

生活習慣を改善

ノコギリヤシやリアップを使用しても、頭皮の環境や体調が悪くては発毛育毛効果を期待することはできません。
油っこいっぽいメニューや遅い時間の食事などは、頭皮環境を悪化させ、ストレスはヘアサイクルを乱す原因となります。 生活習慣を見直し、ストレス解消につながる適度な運動を心がけましょう。

ノコギリヤシの発毛・育毛効果に関する科学的根拠は?

ノコギリヤシは、前立腺肥大症の症状に対して、最も一般的なサプリメントととして使用されてきました。男性ホルモンであるテストステロンが、前立腺細胞に取り込まれ、5αリダクターゼによって活性型であるジヒドロテストステロンに変換されることで、前立腺肥大症の進行に関与することがわかっています。ノコギリヤシは、5αリダクターゼの働きを抑える作用や、ジヒドロテストステロンが前立腺の男性ホルモン受容体と結合するのを阻止する作用など、前立腺肥大症に対する作用が明らかになっており、長年使用されてきたというわけです。しかしながら、近年の多くの臨床試験では有効性は認められていません。

では、なぜノコギリヤシが発毛・育毛に効果があると言われるようになっているのでしょうか。前頭部や頭頂部など、男性ホルモンに感受性のある毛包にテストステロンが運ばれると、5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変換されます。このジヒドロテストステロンが前頭部や頭頂部の男性ホルモン受容体毛包に結合すると、ヘアサイクルの成長期が短縮し、毛母細胞の増殖が抑えられて壮年性脱毛症を発症します。

つまり、前立腺肥大症の進行と壮年性脱毛症発症のメカニズムは共通していることから、前立腺肥大症に使用されて明らかになったノコギリヤシの薬理作用が、まさに壮年性脱毛症にも効果があると考えられた科学的根拠です。現在、5αリダクターゼの働きを抑える作用のあるフィステナリドやデュタステリドが、壮年性脱毛症の治療薬として使用されていますが、ノコギリヤシに、その効果があるかは明らかになっていません。

本当に発毛効果を期待するなら発毛剤の併用がおすすめ

ノコギリヤシのサプリメントは、体の中からジヒドロテストステロン量を減らして薄毛の改善に期待するものですが、やはり直接頭皮からも毛包に働きかけて、発毛を促すのが効果的です。
そのためには、国内で唯一発毛効果が認められたミノキシジル配合の発毛剤の併用をおすすめします。

数あるミノキシジル配合の発毛剤の中でもおすすめなのが、「スカルプD メディカルミノキ5」です。スカルプD メディカルミノキ5をおすすめする理由は、発毛有効成分ミノキシジルが高い配合濃度になっているからです。
スカルプD メディカルミノキ5は、5%のミノキシジルを配合しており、これは国が一般医薬品として許可しているミノキシジルの最大濃度です。

また、スカルプD メディカルミノキ5には日本初となる補償制度がついているので、もし使用して効果が見られなかった場合は、アンファーが提携しているAGA(男性型脱毛症)専門クリニックでAGA治療を受けられます。スカルプD メディカルミノキ5の製品情報や使い方については、「スカルプD メディカルミノキ5は生える! 口コミや製品情報、購入方法・使い方まとめ」で解説していますので、ぜひご覧ください。

ノコギリヤシサプリ

ノコギリヤシのサプリメントは各メーカーから発売されています。
ノコギリヤシ以外にも独自の成分が配合されているものもあります。ここでは、代表的なノコギリヤシサプリメントを紹介します。

プロタガ

プロタガは、ノコギリヤシに卵黄由来成分のHGP(卵黄タンパク加水分解物)を250㎎配合したサプリメントです。
そのほか、レモンバームエキス、火発抽出粉末、GABA、亜鉛、ビタミンB2 、葉酸、ビタミンB6、カテキン含有緑茶抽出物が含まれています。
1日1回2錠服用します。購入は、ウェブサイトや電話で行い、初回限定購入の特別価格や、お得な定期購入などもあります。

チャップアップサプリメント

チャップアップサプリメントは、育毛剤のWeb売り上げ1位のチャップアップのメーカーである(株)ソーシャルテックが発売しているサプリメントです。
ノコギリヤシに亜鉛など37種類の成分を配合しており、育毛剤との併用がおすすめです。定期購入、初回分の返金保証、毛髪診断士によるサポートなどが受けられます。

ランブットサプリメント

インドネシアの伝承スカルプケアの(株)ランブットから発売されている育毛サプリメントです。
1日量6粒中、ノコギリヤシ370㎎、亜鉛12㎎、大豆イソフラボン、ノニ粉末のほか、必須アミノ酸やビタミンが合計2000㎎配合されています。
ノニという植物から抽出した成分とホホバオイルを配合したトリートメントとの併用がすすめられています。いつでも解約できる定期コースなど、お得な購入方法もあります。