リアップで効果を感じやすいのはどんな人?リアップを上手に活用するポイント

リアップのライバル同士で対決!メディカルミノキ5とリグロEX5、どっちがいいの?

リアップは、壮年性脱毛症、つまり遺伝や加齢によって起こる薄毛や抜け毛の改善を目的に作られた頭皮に塗るタイプの発毛・育毛剤です。
ヘアサイクルの乱れによって起こる薄毛・抜け毛を食い止め、健康な頭髪を維持する有効成分ミノキシジルが配合されているので、効果に期待できます。
ただし薄毛には様々な原因があり、すべてのタイプの薄毛に使用できるわけではありません。
ここでは、リアップを上手に活用するためのポイントをご紹介します。

リアップの使用に効果がある人は?

抜け毛や薄毛の進行を止め、健康的な頭髪の維持に役立つリアップ。抜け毛や薄毛のタイプによって、効果の感じ方に違いがあるといわれています。では、リアップの使用によって効果を感じやすいのはどのような人でしょうか?

リアップは、壮年性脱毛症、つまり加齢によって起こる抜け毛や薄毛の改善を目的に作られた発毛・育毛剤です。
壮年性脱毛症は、主に男性ホルモンのはたらきがヘアサイクルを乱すことによって、頭髪が成長しにくくなり起きる薄毛です。
ミノキシジルは男性ホルモンによって乱れたヘアサイクルを正常に戻す作用を持っています。
壮年性脱毛症は、成人の薄毛のなかでも最も起こりやすいもので、遺伝しやすいという特徴があるので、家族に薄毛の人がいて、自分もそろそろ薄毛が気になってきた…とういう方には、ミノキシジル配合のリアップがおすすめです。

リアップの使用に適さない人は?

リアップに含まれるミノキシジルは、遺伝性の壮年性脱毛症による抜け毛や薄毛に対して効果を発揮することが認められていますが、安全性の問題から使用に適さないケースがあります。
また、抜け毛や薄毛には、頭皮の炎症や他の病気、薬剤の影響などいろいろな原因があり、リアップの効果がない抜け毛・薄毛の種類もあるので注意が必要です。

壮年性脱毛症以外の脱毛症には効果がない

リアップは男性の壮年性脱毛症の改善のために開発された製品なので、残念ながら他の原因によって起きる抜け毛や薄毛に対しては効果がありません。
特に急激に脱毛が起きた場合や、髪がスポット状に抜けたというケースでは、甲状腺機能低下症や膠原病などの大きな病気に関係している、またはそれ以外の原因によって起きている可能性があり、リアップによる改善は期待できません。

こんな脱毛には要注意

円形脱毛症、脂漏性皮膚炎、粃糠(ひこう)性脱毛症などの病気による脱毛にはリアップは効きません。

円形脱毛症はコイン大のスポット状の脱毛が1~数か所起きる病気です。壮年性脱毛症は、加齢とともに少しずつ進行するのに対し、円形脱毛症は突然起きるのが特徴です。
脂漏性皮膚炎による脱毛は、皮脂をエサにして増殖するカビによって皮膚炎が起き、その影響で毛が抜ける病気です。患部の頭皮はジュクジュクし、強いかゆみと赤みを伴います。一方、粃糠(ひこう)性脱毛症は、大量のフケが毛穴を塞ぎ、そこにカビ、ダニ、老廃物などが溜まって皮膚炎になり、毛が抜ける病気で、頭皮はカサカサしているのが特徴です。
いずれも治療が必要なので、自己判断せずに医師の診断・治療を受けましょう。

また、病気による脱毛以外にも、普段服用している薬の作用によって毛が抜ける薬剤性の脱毛があります。頭痛薬や抗アレルギー薬など、血管収縮作用のある薬は、頭皮の血行を妨げ、脱毛を引き起こすことがあります。薬剤性の脱毛に対しても、リアップは効果が認められていません。

年齢が20歳未満の未成年者は使用を避ける

リアップは20歳以上の成人男性に適しています。添付文書の使用上の注意の項目にも、20歳未満への使用は避けるよう記載されています。

女性には女性用の商品も

女性も抜け毛や薄毛に悩んでいる人は意外に多く、リアップを使ってみたいという人もいるかもしれません。
ただ残念ながら、リアップの添付文書によると女性は使用できません。理理由は日本人女性でのミノキシジルの安全性がはっきりとわかっていないからです。
リアップは女性が使用することはできませんが、ミノキシジルの濃度が1%配合された、女性用のリアップが販売されています。

ただし、妊娠中や授乳中は、安全性が確認されていないため、女性用のリアップであっても使用できませんので、注意してください。

リアップに効果を感じている人はどのぐらい?

リアップX5に効果を感じた人の割合に関するデータが、製造元の製薬会社から公表されています。

リアップを使用した人の毛髪の変化を、医師が長期観察し、評価したところ、リアップ開始4週間後には「軽度改善」がみられる人が出始め、8週間後には全体の1割以上、12週間後には6割弱に「軽度改善」がみられました。さらに使用半年後だと、9割以上の人に改善がみられており、長く続けるほど「軽度改善」よりも「中等度改善」がみられた人の割合が増えていました。このデータを見ると、まずは半年を目安にリアップX5を続けることが壮年性脱毛症の改善において重要だと言うことがわかります。

その効果は数字でも客観的に評価されています。
リアップを使用した人の1㎠あたりの毛髪の本数は、リアップ開始4週間後に平均1.4本増え、8週間後には19本、24週間後には21.8本増加していました。
また、毛髪の太さもリアップによって太くなっていることがわかり、1㎠あたりに生えている、太さ40μm以上の毛髪の数は、リアップ開始から8週間後には15.3本増え、24週間後には25.6本増加していました。

リアップを使った方の良い口コミ

頭頂部が透けて来ていて、脱毛も多かったのですがこれを使い始めてから1カ月ちょっとぐらいすると、抜け毛が減ってきているのがわかりました。洗面所やお風呂の排水溝の所の髪の毛が減りました。さらに使い続けていると、細い毛ではありますがうっすらと生えてきました。これにはびっくりです。諦めていたのですがとても嬉しかったです。マッサージも取り入れて今後も使い続けます。(40代男性)

使用感が良くて使いやすいと思いました。
抜け毛が気になり、育毛剤を意識するようになりました。たくさんあってどれを選んで良いか分からなかったので、口コミの評価が良かったこちらを選択しました。

どちらかというと肌が敏感なので刺激が心配でしたが、ヒリヒリすることはありませんでした。においはちょっと違和感がありました。始めの頃はどうしても気になっていたのですが、使っているうちに慣れてきたのでしょうか。だんだん気にならなくなりました。価格は高くもなく、適切だったと思います。

効果を実感するまでが早い!
今までいろんな育毛剤を試してきましたが個人的にはリアップが一番合っていると感じています。体質的な要因なのか、はたまた私の症状に合致しているのか、素人の私には何とも言えませんが、とにかく薄毛が改善してきていることだけは事実です。

しかも、何がうれしいかって、効果が現れるまでが非常に早い点です。私の場合、1週間ほどで、抜け毛が落ち着き、髪質も少しずつ向上していきました。で、1か月が経つ頃には、頭皮の露出具合もかなり軽減し、今後継続していくうえでの不安や疑問は完全に払しょくされました。もちろん今現在も愛用中です。

ミノキシジル配合商品の成分・効果を調査!

リアップのライバル同士で対決!メディカルミノキ5とリグロEX5、どっちがいいの?

リアップ関連の商品や他のミノキシジル配合商品によって、発毛・育毛効果のあるミノキシジルの配合量や配合される頭髪のサポート成分が異なります。それぞれの成分・効果の違いを見てみましょう。

リアップX5<ネット通販限定発売>

ミノキシジル5%(発毛、育毛及び脱毛の進行を予防する)
5%配合のミノキシジルが毛包に直接作用。
ミノキシジルは、配合濃度が高いほど高い発毛有効性が確認されています。
そのため、これまでミノキシジル1%配合の商品で効果が見られなかった方にも効果があるかもしれません。

リアップX5プラスローション

ミノキシジル5%(発毛、育毛及び脱毛の進行を予防する)
ピリドキシン塩酸塩(過酸化物質やフケの発生の原因となる皮脂の過剰な分泌を抑制する)
トコフェロール酢酸エステル(皮脂の酸化を防ぎ、頭皮を保護する)
l-メントール(頭皮のかゆみをおさえ、清涼感を与える)

「リアップX5」に加え、皮脂発生や皮膚の変質、炎症を抑える成分が配合されています。
補正成分が配合されていても、値段は「ミノキシジル 5%」を含む他社の発毛剤と比較しても、同じ価格帯。
コスパの良い商品といえるでしょう。

解説記事「リアップX5プラスローションとは? 気になる効果や使い方をご紹介

リアップ

ミノキシジル1%(発毛、育毛及び脱毛の進行を予防する)
リアップシリーズで最初に発売された元祖。髪が再び復活するようにという願いを込めて「リアップ」と名づけられました。

リアップジェット

ミノキシジル1%(発毛、育毛及び脱毛の進行を予防する)
パントテニールエチルエーテル(毛細胞に栄養を補給し、活性化する)
トコフェロール酢酸エステル(皮脂の酸化を防ぎ、頭皮を保護する)
l-メントール(頭皮のかゆみをおさえ、清涼感を与える)
1%のミノキシジルに加え、頭皮を保護したり、清涼感を与える成分が配合されたジェット式エアゾール。
頭皮に直接押し当てて15噴射することで1回使用量を手軽に塗布できます。

解析記事「リアップジェットとは?口コミ、効果・成分、使用方法、価格を調査!リアップX5との違いは?

リアッププラス

ミノキシジル1%(発毛、育毛及び脱毛の進行を予防する)
パントテニールエチルエーテル(毛細胞に栄養を補給し、活性化する)
トコフェロール酢酸エステル(皮脂の酸化を防ぎ、頭皮を保護する)
l-メントール(頭皮のかゆみをおさえ、清涼感を与える)
「リアップ」の改良版。発毛環境を整える成分が配合された商品。

リアップ リジェンヌ(女性用)

ミノキシジル1%(発毛、育毛及び脱毛の進行を予防する)
パントテニールエチルエーテル(毛細胞に栄養を補給し、活性化する)
トコフェロール酢酸エステル(皮脂の酸化を防ぎ、頭皮を保護する)
l-メントール(頭皮のかゆみをおさえ、清涼感を与える)

女性用に発売された初めてのリアップ。女性は、他のリアップの使用が禁止されているため、薄毛に悩む女性はこのリアップを使用しましょう。

解析記事「リアップリジェンヌとは?効果・成分、使用方法、価格など調べました。

リグロEX5

ミノキシジル5%(発毛、育毛及び脱毛の進行を予防する)
リアップの特許が切れた後、ロート製薬から発売されたミノキシジル5%配合の発毛剤。
頭皮環境を正常化するリグロシャンプーも同時発売。

解説記事「リグロEX5で本当に生える? 製品情報や口コミをご紹介

スカルプD メディカルミノキ5

ミノキシジル5%(発毛、育毛及び脱毛の進行を予防する)
アンファーより発売されたミノキシジル5%配合の発毛剤。
ミノキ保証制度やミノキドクターズサポートなどの制度が充実。

解析記事「スカルプD メディカルミノキ5は生える! 口コミや製品情報、購入方法・使い方まとめ

リザレックコーワ

ミノキシジル5%(発毛、育毛及び脱毛の進行を予防する)
同じく興和より発売されたミノキシジル5%配合の発毛剤。
小さなノズルヘッドが地肌に直接届き、無香料なところがポイントです。

ヘアサイクルとミノキシジルの作用

抜け毛や薄毛の進行を食い止め、健康な頭髪を維持する効果が認められている有効成分ミノキシジルには、どのようなはたらきがあるのでしょうか?ミノキシジルが頭髪にはたらきかける仕組みをみてみましょう。

ミノキシジルの作用について

有効成分ミノキシジルは、頭髪が作られる毛包と呼ばれる場所に直接作用するものです。
細胞の増殖や頭髪をつくるためのタンパク質の合成を助けることで、健康な頭髪をつくる作用があることが分かっています。
また、ミノキシジルには血管を拡張させる薬理作用があるので、これによってミノキシジルそのものが血管に取り込まれやすくなり、毛包の中まで浸透すると考えられています。

ヘアサイクルにおけるミノキシジルの作用点

健康な頭髪は、正常なヘアサイクル、「初期成長期~成長期~後期成長期~退行期~休止期」の段階を繰り返すことでターンオーバーしています。

つまり、初期成長期に新しく生えてきた頭髪は、成長期にかけて産毛の状態で伸びはじめ、成長期から成長後期までの期間に頭皮からの栄養を吸収しながら、太くしっかりとした頭髪に成長します。そして退行期には頭髪の根本が縮小し始め、休止期には毛の成長は完全に停止し、自然に抜け落ち、そこからまた新しい頭髪が作られます。正常なヘアサイクルの場合、この初期成長期から、後期成長期までの期間は約2~6年と言われています。

しかし壮年性脱毛症の場合は頭髪が大きく太く成長するはずの成長期が数カ月から1年に短縮されてしまい、その結果、頭髪が十分成長することなく弱って抜けてしまいます。
さらに頭髪の根っこである毛包が縮小することによって、髪の毛が生えなくなる悪循環に陥るのです
ミノキシジルは、ヘアサイクルの中でも、頭髪を作る初期の準備段階と、頭髪が太く成長する後期成長期の2つのタイミングで作用することで、正常なヘアサイクルを取り戻し、健康な頭髪を維持します。

リアップの使い方

リアップは、使用頻度やタイミングなどの使い方を守ることで効果が発揮されます。
リアップを使用するタイミングは、朝と夜の1日2回(1回1mL)です。 洗髪後に頭皮をしっかりと乾かして使用するのが重要です。

また、頭皮に塗布する際は、優しく全体になじませながらまんべんなく付けます。頭皮に染み込ませるために、強く押し当てたり擦りつけると逆効果となるので注意しましょう。 リアップの使用と合わせて、塗布前後に頭皮マッサージを行うと血行が良くなり効果的です。
リアップを塗布した後に整髪剤を使用する際は、薬液が浸透して乾くのを待ちましょう。 乾く前に整髪料をしようすると、リアップの浸透を妨げてしまいます。

リアップの使い方や種類別の使用上の注意点については、「独自調査!絶対守りたいリアップの使い方&種類別使用上の注意点とは?」で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

リアップの副作用について

リアップ 副作用

抜け毛や薄毛の進行を止め、健康な頭髪の維持に役立つリアップですが、薬効成分を配合しているため、人によっては副作用が出てしまうケースがあります。
リアップにはどのような副作用があるのかみてみましょう。

リアップの使用でおこる副作用の種類

リアップによって、以下のような副作用が起きることがあります。

  • 皮膚症状…頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
  • 精神神経系の症状…頭痛、気が遠くなる、めまい
  • 循環器系の症状…胸の痛み、心拍が速くなる
  • 代謝系の症状…原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

副作用の中でも、もっとも起きる割合が高かったのが、192例の頭皮のかゆみ、発疹、紅斑で、全体の約4%でした。

頭皮のかぶれなどの「皮膚」への影響

リアップに配合されている有効成分ミノキシジルの副作用の中で、いちばん起こりやすいのが皮膚に現れる症状です。
発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけが出ることが報告されています。特に敏感肌の人は注意が必要です。

頭痛などの「神経系」への影響

リアップの使用によって、まれに頭痛やめまいなどの神経系の症状が出ることがあります。重症例は報告されていません。

胸の痛みなどの「循環器」への影響

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として開発された薬剤であることから、体質によっては、胸の痛みや動機などの循環器症状を感じることがあります。
健康に不安のある人は事前に医師に相談しましょう。

手足のむくみなどの「代謝系」への影響

リアップの使用によって手足のむくみがおきる可能性が指摘されています。
しかしほとんど報告されておらず、過度に心配する必要はないようです。
持病のある人は、事前に医師に相談してください。

リアップの副作用について詳しく知りたい方は、「リアップを使う前に知っておくべき副作用」をご覧ください。

リアップを使用して副作用が起きた割合

リアップによる副作用は、いったいどれぐらいの割合で起こったのでしょうか。
リアップによる副作用の頻度を確かめる目的で、3,072人を対象にした特別調査が行われ、そのデータが公開されています。この調査は、リアップ販売店の中からモニター店をピックアップし、リアップ使用者における副作用の発生状況を集計したものです。
この特別調査では、3,072例中、271例に何らかの副作用があらわれたと報告されています。

つまり「リアップ使用者の約9%に副作用が起きた」ということです。

では実際に、どのような副作用が見られたのでしょうか。
このモニター店における特別調査3,072例のほかに、その他の販売店や医療機関、または使用者本人などから寄せられた副作用に関する報告1,185例を集計し、副作用の内訳を詳しく調べたデータがあります。
そのデータによると、リアップによる副作用の内訳は、件数が多かった順に、

  • 塗布した箇所のかゆみ 509件
  • 塗布した箇所の発疹 268件
  • かぶれ 224件
  • 塗布した箇所の赤み 188件
  • フケ 151件
  • 頭痛 70件
  • めまい 68件

等でした。これを見るとリアップの副作用のほとんどは、塗った個所の皮膚症状であることが分かります。これらの症状は、リアップに添付されている使用上の注意にも記載されており、ある程度予想できる副作用です。

一方、使用上の注意からは予測できない副作用も稀に起きることもあります。例えば、塗布した箇所以外の発疹、血圧上昇、吐き気等が報告されており、体質や体調によってはこのような副作用が出現するかもしれません。

副作用は、既往歴や合併症、アレルギー歴、また併用薬の有無にも関係し、また年齢が上がるにつれ、副作用の発現率は高くなっているという調査結果も報告されています。

リアップを使用中止した際のリバウンド

もとは、心臓病患者の血管拡張剤として利用されていたものを発毛剤に転用したミノキシジル。最近、血管を拡張するのではなく、血管新しく作る作用があることがわかってきました。
副作用などの理由でリアップを使用中止し、ミノキシジルの摂取をやめると新しく作られた血管が収縮。生えた髪の毛が一気に抜けてしまいます。
使用中止した際のリバウンドについても頭にいれておきましょう。

リアップの効果を最大限に活かすために

リアップ 効果

リアップは有効成分であるミノキシジルが頭皮の血管を拡張し、頭皮環境を整えることで効果を発揮します。
リアップの効果を最大限に生かすために、抜け毛や薄毛を悪化させる生活習慣を見直しましょう。
過度なストレスや睡眠不足はヘアサイクルを乱す原因になりますから、規則正しい健康的な生活を心がけましょう。
また、鎮痛解熱剤や抗アレルギー剤、喫煙などは、頭皮の血行を悪くし、抜け毛や薄毛を悪化させることがありますので注意してください。

薄毛対策に必要な食材

頭髪の健康を維持するためには、ストレスのない生活や規則正しい生活が重要ですが、毎日の食事を工夫することが必要です。
薄毛対策に役立つ食材をご紹介します。

トウガラシ、ワサビなどの辛み食材

最近の研究で、トウガラシなどに含まれる辛み成分、カプサイシンが、頭髪の成長を助ける効果があることが分かっています。
カプサイシンは、知覚神経を刺激して、毛乳頭細胞にはたらきかける物質を増やします。
このカプサイシンのもつ作用は、豆腐などに含まれるイソフラボンと一緒に摂り入れると、さらに効果的だということが分かっています。
トウガラシ、ワサビ以外にも、ニンニク、ショウガ、ターメリック、コショウなどにも、同様のはたらきがあり、健康な頭皮の維持に役立ちます。

ワサビの育毛効果については、「嵐にしやがれで放送!本わさびに育毛効果があるって本当?」で詳しく解説しています。

健康な頭髪を維持するためには、良質なオイルを食べるのも良いでしょう。

脂質には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸という大きく分けて2つのタイプがあり、オリーブオイルやナッツには不飽和脂肪酸が含まれています。

不飽和脂肪酸は、血液の流れを良くするとともに、腸の中で知覚神経を刺激して、頭髪の成長に欠かせない成長因子を増やすはたらきがあります。

浸透しやすいように頭皮環境を整える

リアップの効果を有効に活かすには、日頃から頭皮の環境を健やかに保つことがポイントです。
頭皮に余分な皮脂や汚れがたまったままだと、有効成分が毛根の中へ浸透することができません。
しっかり泡立てたシャンプーで頭皮をやさしく洗浄し、清潔に保ちましょう。 強い力でこすりすぎて傷を作ったり毛根に負担をかけたりすると、かえって薄毛が進行してしまうので、洗いすぎは禁物です。

プロペシアとの併用について

リアップを使ってみようと思う人の中には、すでにプロペシアを飲んでいるという人もいるかもしれません。
プロペシアは男性ホルモンによる抜け毛を改善する内服薬で、医師の処方箋が必要な薬剤です。
塗るタイプのリアップとの併用は問題ありませんが、念のため、プロペシアを処方してもらった医師に相談してください。

その他の飲み薬である、ザガーロやミノキシジルタブレットとの併用については、「発毛剤の飲み薬(フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジル)を徹底解説!効果や副作用なども紹介」で詳しく解説しています。

効果がでていないと感じている人の共通点

リアップによる効果の感じ方には個人差がありますが、あまりにも効果がないと感じるときは、以下に思い当たることがないか、見直してみてください。

  • 使用を始めてからまだ6カ月たっていない
  • 使用方法が間違っている
  • 頭皮を清潔に保てていない
  • 壮年性脱毛症以外の原因による薄毛

リアップには即効性がなく、毎日使い続けることで効果を発揮します。
すぐに効果が感じられなくても、まずは6カ月続けてみましょう。
また正しい用法・容量を毎日規則正しく使うことが前提なので、塗り忘れなどに注意しましょう。
頭皮を清潔にして、溶液をしっかり頭皮にしみこませることも大切です。

■リアップを使った方の悪い口コミ

使用しているから現状なのか、使用していない自分と比較できませんので、正直効果のほどは良くわかりません。しかし、だからと言って止められないし。(50代男性)

使用すると頭皮がひりひりとしてきて、乾くと髪が固まりクシが通らない。余計頭皮に無理をさせるようで怖い。(40代男性)

産毛で妥協した

薄毛が気になり始め、使用を開始しました。薄毛は前方から抜け始める、いわゆるM型のタイプとなります。
リアップを使い始めた頃は、多めに頭皮へ散布して塗り込んでいました。使用後は、頭皮が何やらカピカピしたような状態となり、違和感はあったものの、継続して使用しておりました。2、3週間程度使用を継続したぐらいから、頭皮の皮が剥けた状態となり、カユミも出始めていたので、フケが出たのだと判断して、使用する量を抑えて継続しました。

そこから3ヶ月程利用しましたが、結果として産毛が生えた程度の効果しかなく、恐らく体質が合わないのだろうと使用を中止。今考えると、産毛もリアップによって得られた効果かどうかは、明確では無いと思われます。単純に、生え変わりで出てきた産毛かもしれません。そこそこ高額な商品のため、フケが出た地点で、中断しておけば良かったなぁ、と後悔しています。

リアップの効果が実感できない時には

リアップによる効果の感じ方には個人差があります。正しい使用方法を守って使い続けても効果が感じられない場合は、リアップシリーズの他の発毛剤やほかのメーカーから出ている発毛剤を試してみましょう。

同じミノキシジルが入っているものでも、他に含まれる添加物が異なります。

たとえば、リアップには「ジブチルヒドロキシトルエン」が配合されています。
製品の長期保存に役立つのですが、肌にとっては刺激になりやすい成分。
敏感肌の方が使うと頭皮の炎症を起こしてしまう可能性もあります。
「ジブチルヒドロキシトルエン」が含まれていないメディカルミノキを試してみるのもおすすめです。

また、効果が実感できないのは、別の原因による薄毛である可能性があります。
一度リアップを中止して、医師に相談しましょう。

たくさん種類のある「リアップシリーズ」の使い方は、関連記事「たくさん出ている「リアップシリーズ」、使い方をご紹介!その違いと特徴は?」で詳しく解説しています。

効果が不安ならメディカルミノキ5は補償つき、効果がない場合はAGA治療が受けられる

リアップと育毛剤の違いは

薄毛対策には、発毛剤だけでなく、育毛剤も利用されています。では、発毛剤であるリアップと育毛剤はどのような違いがあるのでしょうか。
結論から言うと、発毛剤と育毛剤の違いは、医薬品か医薬部外品かの違いです。また、「毛が生える」と言えるのは「発毛剤」だけです。

法律上、医薬品と医薬部外品は、以下のように取り扱われています。

  • 医薬品:病気(疾病)の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされているもの。
  • 医薬部外品:積極的に治療に用いられるものではなく、吐き気等の不快感、あせも、ただれ等の防止を目的として使用されるもの。また、口臭、体臭、脱毛の防止、育毛、除毛等の美容目的に使用されるもの。人体に対する作用が緩和なもの。

このことから、発毛剤は、壮年性脱毛症による薄毛や抜け毛の治療、育毛剤は、薄毛や抜け毛の予防に分けられます。
つまり、「薄毛を治療する」「毛を生やす」効果があるのは発毛剤、頭皮の健康を守って予防するのが育毛剤です。

発毛剤と育毛剤の違いについては、「発毛剤と育毛剤の違いについて。使用が必要な人はどんな人?種類別に製品情報を解説!」で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

まとめ

リアップは、壮年性脱毛症のよって起こる抜け毛や薄毛の改善を目的に作られた発毛剤です。
リアップに配合されているミノキシジルが、ヘアサイクルの乱れによって起こる薄毛・抜け毛を食い止め、健康な頭髪を維持します。

しかし、使用した方全員に効果がある訳ではありません。
また、リアップによる副作用が出る可能性もあります。
用法用量正しく使い、何か異変が出るようであれば中止し、医師への相談も検討しましょう。